絵本に関すること

2008/05/27

アースウォッチャー

1208

NHK総合6月1日(日曜日)22;40~22:50『アースウォッチャー月から見た地球』http://www3.nhk.or.jp/kaguya/broadcast.html台湾の世界的な人気絵本作家ジミーが~月から見た地球~をテーマに作品を描くそうです。ジミーの月をテーマにした作品はとても大好きなので楽しみです。
http://www.shinowazuri.com/mybook/contents/moon.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/03

射日

1154

『射日』という昔話が中国にありました。それは、太陽が2つあった時代の話です。2つも天空にある太陽に困った人々のために英雄が太陽をひとつ射落とすというストーリ。先月、青蔵鉄道に乗ってラサに行き、この物語を思い出しました。中空に太陽と月が同時に存在します。ラサでのさまざまな体験はいつごろ紹介できるでしょうか?まだ、シルクロードも旅の半分、イランやトルコのご紹介もまだしていない‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/08

敦煌でジミー

S104

敦煌山荘の屋上に摘星閣という素敵な名前のカフェテリアがあります。砂漠と星空が眺められる屋外テーブルの上にジミーのティッシュボックスを発見しました。こんなところでジミーのグッズを見るとは思いませんでした。さすが香港資本のホテルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/02

3月4日(日曜日)

956_2

関西にお住まいの方、日曜日におひまでしたら、大阪国際児童文学館に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

シンポジウムアジアの絵本の世界へようこそ
中国語圏の絵本と日本の絵本:1.台湾 「台湾と日本の絵本」
2007年3月4日(日)
13:00~16:00
講師:頼馬氏(台湾絵本作家)
長谷川義史氏(日本絵本作家)
アジアの絵本をテーマとしたシンポジウムが財団法人大阪国際児童文学館講堂で行なわれます。当日は頼馬さんと長谷川さんのサイン本の販売も行なわれますので、行くことができる方々はぜひぜひ大阪府立国際児童文学館へ電話・メール・ファックス、カウンターへお申込み下さい。定員は150名(先着順)、参加費は無料です。アジアの絵本に興味ある方はこの機会をぜひご利用くださいませ。上記の絵本も扱われる予定です。

どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/06

「台湾と日本の絵本」

556956_1
あわてんぼうさん
おこりんぼうのアングリー

シンポジウムアジアの絵本の世界へようこそ
中国語圏の絵本と日本の絵本:1.台湾 「台湾と日本の絵本」
2007年3月4日(日)
13:00~16:00
講師:頼馬氏(台湾絵本作家)
長谷川義史氏(日本絵本作家)
アジアの絵本をテーマとしたシンポジウムが財団法人大阪国際児童文学館講堂で行なわれます。当日は頼馬さんと長谷川さんのサイン本の販売も行なわれますので、行くことができる方々はぜひぜひ大阪府立国際児童文学館へ電話・メール・ファックス、カウンターへお申込み下さい。定員は150名(先着順)、参加費は無料です。アジアの絵本に興味ある方はこの機会をぜひご利用くださいませ。上記の絵本も扱われる予定です。
http://www.iiclo.or.jp/event/special/kouzakouenkai.htm#台湾2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/30

ライマの絵本

959_1

ライマ(頼馬)の絵本は三冊翻訳しています(一冊は雑誌です)。出版された二冊には共通点があります。不思議な子がいっぱいでてくることです。『あわてんぼうさん』と『おこりんぼうのアングリー』をもし見つけたら、ぜひお手にとってページをめくってみてください。

あわてんぼうさん
おこりんぼうのアングリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/29

台湾の絵本

957958

台湾の絵本といえば大人の絵本という分野を確立した幾米(ジミー)がいますが、頼馬(ライマ)は外国の翻訳絵本が大部分をしめる台湾の絵本界において、オリジナリティあふれる絵本らしい絵本を描く人として第一人者であるといえます。昔から多作ではありません。一年に一冊のペースで出版される彼の絵本は、出版されれば本屋さんでもかなり目立つディスプレイで紹介されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/28

おこりんぼうのアングリー

956

ライマ(頼馬)は、怪獣にしては可愛らしすぎる、動物と言ってもこんな不思議な子はいないなぁという面白い子がいっぱいでてくるお話を描いている絵本作家です。ライマの作品には悪者はでてきません。みんな可愛らしくて微笑ましい子たちばかり。そしてこの『おこりんぼうのアングリー』はその原点とも言える最初の絵本です。
アングリーは怪獣国一のおこりんぼう、 そんなアングリーをおこりんぼうの血が大好きな蚊のポータンをチクリとさしました。ポータンにさされるとただではすみません‥。アングリーの奮闘を描いた微笑ましい絵本です。
おこりんぼうのアングリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/27

頼馬(ライマ)さんのこと

955

そろそろライマの絵本第二弾がお目見えすることになりますので、彼や彼の作品世界をご紹介してみようかなぁと思い、CDの記録の中をチェックしていたら、ありました。彼の画像!粗い画像ですが、生で見た感じでは当時はアーティスティックで爽やかな青年という感じでした。これは第十回台北国際ブックフェアの会場で絵本の楽しさを講義している一場面です。同日はジミーのサイン会などもあって、この日は生で台湾の有名な作家さんにたくさん会えた日だったなぁと、この画像を見ながら懐かしく思い出しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/13

君のいる場所

807808

ジミー原作の絵本『君のいる場所 Separate Ways』を映像化した中国のTVドラマが出たことについ最近気づきました。びっくりしたことに20話もあるのです。二人がすれ違うストーリーなのですが、20話といえば、どのようにひっぱられているのか興味があります。機会があったら一度見てみたいものです。

君のいる場所 DVD-BOX 1
君のいる場所 DVD-BOX 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)