お茶に関すること

2019/03/12

≪セミナー≫世界最大の茶「千両茶」その伝統製法を知る

015

千両茶は1862年頃に生まれたものの歴史の荒波に揉まれ一時期消滅していましたが、1997年茶業者たちの努力によって見事に甦り、今日の黒茶ブームの到来を生み出しました。その立役者となった呉健利氏の後継者呉昱瑾女士にその製造方法や地味の変化について、千両茶を飲みながら学ぶセミナーです。

☘開催日:5月12日(日曜日)
☘会場:ふじのくに茶の都ミュージアム多目的ホール
☘時間:
① 10:30~12:00
② 12:30~14:00
③ 14:30~16:00
☘定員:18名
☘会費:3000円(お菓子&お土産付き)
☘お申込み&お問い合わせ:
Email:tea@shinowazuri.com(宝迫)
または、お茶ガイドFBメッセンジャー
(返信を以て申込受付完了となります。数日中に返信がない場合、お手数ですが、再度のご連絡をお願いいたします。)
※会費は、値下げの可能性があります。
※ふじのくに茶の都ミュージアムの入館は、観覧料(一般300円)がかかります。
☘HP:shinowazuri.comイベントより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/26

和束のお茶

7851785278537854

鎌倉時代まで遡る和束のお茶は、海住寺高僧慈心上人が鷲峰山でお茶を栽培したことから始まったとされています。現在、茶源郷と呼ばれる和束の美しい茶畑のある風景は何度訪れても感動しきり^^
そこで出会えるお茶もさまざま。コンビニエンスストアに並んでいるペットボトルに描かれた茶茶ちゃんが印象的。そして、和束町を一瞬で紹介できる手提げ袋が圧巻です。

画像説明: 和束茶と手提げ袋、ペットボトル、和束町の茶畑

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/16

お茶香る会席料理

7841784278437844

日本茶の茶源郷と呼ばれる京都和束町にオープンしたお茶づくしの宿泊施設和束荘に先日泊まってきました!
気になるお食事はもちろんお茶料理。
11月某日のお茶香る会席料理の内容をご紹介いたします~^^
抹茶豆腐
季節の口取り五種盛
鮪と鯛の抹茶洗い
抹茶豆乳鍋
秋鮭西京焼き
海老お茶の葉天ぷら
温茶麺
松茸清汁仕立
ほうじ茶飯
香物三種盛
水物や和束茶ビール

和束荘HP:http://wazukanko.com/event/wazukaso/

画像説明: お茶香る会席料理

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/13

お茶風呂を楽しむ

7831783278337834_3

日本茶の茶源郷と呼ばれる京都和束町にあるお茶づくしの宿泊施設和束荘に先日泊まってきました!
特に楽しみにしていたのは、お茶風呂とお茶の会席料理。
本日はお茶風呂をご紹介します。
ほうじ茶の香りでほっこり暖まった大風呂に浮かんでいる茶袋“京の爽香湯”は館内売店でも販売しています。お湯につかっている時にこの茶袋が流れて来て腕に乗ったりするとちょっと嬉しくなります^^

和束荘HP:http://wazukanko.com/event/wazukaso/

画像説明: 和束荘、お茶風呂、京の爽香湯

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/09

茶馬古道を背夫が背負った茶

10011_2100121001310014_2

昔も今も、四川省からチベット族が住む地域に運ばれる辺茶は、康磚茶が圧倒的量を占めています。
一塊一斤(500g)の磚茶は二十塊一単位(10kg)で竹籠に包まれ、雅安から康定までの険しく長い道を背夫に背負われて運ばれて行きました。
馬も通れない険しい道のりを100kg以上の茶を背負って、160kmもの道を15日間歩く彼らの道のりは想像を絶するものです。
編んだ竹の隙間から黄色の包装紙に包まれた磚茶を見ると、チベットのラサのパルコルにつまれていた蔵茶のある風景を思い出しました^_^
なかなか実物を日本で見る機会はないのですが、ここで耳よりな情報をひとつ♪
10月7日(土曜日)に東京浅草で行われる第13回地球にやさしい中国茶交流茶会(http://ecochakai.jp/)において、13:00から康磚の竹編包み解体実演&試飲が行われます。
エコ茶会初日に参加される方は、まず、茶壺天堂ブースで見学試飲することをオススメします\(^-^)/

(写真:二十塊一単位の康磚茶竹包み、康磚と金磚、背夫像、背夫説明)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/06

成都茶館巡り⑤順興茶館

9921992299239924

順興茶館では、茶博士による茶芸や変臉を鑑賞しながら夕食を兼ねた点心と花茶をいただきました。
川劇の開演時間は午後7時半から8時半まで。川劇とは四川省の伝統芸能ですが、演目の中でも一子相伝の秘伝とされる変臉は扇子で顔を隠す瞬間に瞼譜が瞬時に連続で変わる早業が目玉です。
いただいた軽食は、卤肉锅魁 8元、天府豆花 8元、煮凉粉(緑豆のデンプンを煮てつくったゼリー状のもの) 6元、绿茶流沙包(緑茶を練りこんだ生地にカスタード餡が入った包子)8元。
蓋碗の花茶は、飲み終えるとスタッフさんや茶博士がお湯を注ぎに来てくれます。

(写真:舞台、花茶、軽食、茶博士)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/02

成都茶館巡り④廊橋珈琲厅

99119912991399149915

世紀城という成都南の開発地区中心にある豪華なホテル、インターコンチネンタルホテルロビーのカフェは一見の価値があります。
入り口を入ると広いロビー中央に屋敷のような中華伝統建築の建物が並び、小鳥がさえずる声が聞こえる席でティータイムを過ごすことができます。
そこでは生演奏や表演も行われていて、ロビーに入った瞬間、そのスケールとアイデアに圧倒されます。
一日暑かったので、ラムレーズンアイスをいただきました^^

(写真:廊橋珈琲厅)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/30

成都茶館巡り③鶴鳴茶社

978197829784

四川省成都市人民公園の中にある百年青空茶館鶴鳴茶社。水辺のまわりにテーブルと椅子が並べられ、人々が思い思いに好きな場所を選んで座ると、スタッフさんがお茶の注文をとりにやってきます。好きな茶葉を選ぶと、茶葉と蓋碗とお湯の入ったポットを持ってきてくれます。オーダーした茶葉は、峨嵋香茗12元。 名物耳かきのおじさんの姿もありました。
最後に気になる一茶一坐(One Tea、One Seat)でオーダーできるお茶は以下の通りでした。
鶴鳴手工毛峰Hand-Made He Ming Mao Feng Green Tea 一杯15元
蒙頂山甘露Meng Ding Mt Sweet Dew Green Tea 一杯25元
西湖龍井W.LADKE Dragon Well Green Tea 一杯25元
碧螺春BiLuo Chun Green Tea 一杯20元
竹葉青Bamboo Green Tea 一杯25元
蒙頂山黄芽Meng Ding Mt Sprout Yellow Tea 一杯30元
碧潭飄雪Snow Green Lake Jasmine Tea 一杯25元
鉄観音Tieguanyin Woolong Tea 一杯20元
生態毛峰Organic Tea 一杯20元
祁門紅茶Qimen Black Tea 一杯15元
峨嵋香茗SuMaoFeng Green Tea 一杯12元
素毛峰SuMaoFeng Green Tea 一杯12元
菊花茶Chrysanthemum Tea 一杯12元
檸檬茶Lemon Tea 一杯12元

(写真:鶴鳴茶社)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/26

成都茶館巡り②陝西会館

9771977297739774

現在成都市陝西街芙城飯店の一部に組み込まれている成都陝西会館。清朝康熙2年(1663年)、陝西商人が建てた同郷会館で、現存する建物は清朝光緒11年(1885年)に慶益、益泰など陝西省の商家が資金を出し合って再建したものです。会館という言葉は、昔中国の商工業者が作った組織や建物を指し、日本でも同じような意味を持って使われるようになりました。
天井の柱には関わった数々の商号名が残っています。
すやすや眠る猫と静かな庭を眺めながらいただいたお茶は、竹葉青(28元)でした。

(写真:陝西会館玄関、中庭席、竹葉青、会館天井)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/23

成都茶館巡り① 文殊院・香園

11361145115111581161

四川省成都市、寺院が点在する青羊区に位置する文殊院。前身は隋朝大業年間(605~617年)に始まった信相寺。『成都県誌』によると明朝末期に兵火にさらされ荒廃するも、清朝康熙36年(1697年)に再建されるとともに文殊院と改名されて、現在国務院が定める全国仏教重点寺院の一つです。
朝いちにこちらに赴いたお目当ては、参拝の人々がくつろぐ屋外茶館の風景。座りたいテーブルを確保したら、茶葉(蒙頂茶:15元)とポット一本のお湯を購入してゆっくりお茶をいただきます。その間、おばあちゃんが花を売りに来たり(白玉蘭1元)、鐘を鳴らしながら飴売りがやってきたり。静かに成都の朝は流れてゆくのでした。

(写真:文殊院外猿像、野外茶館、蒙頂茶と白玉蘭、飴売り、寺名物の軽食)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧