旅行・地域

2018/11/21

金奨恵明茶

92819282

上海閘北区普善路の満堂春茶葉市場は上海主要7茶葉市場のうちの一つ。他の茶葉市場と比べると規模が小さいのですが、最近3年間は毎年キーモン紅茶を買いに行っています。
3年も通っていてついこの間金奨恵明茶専門店があることに気がつきました。
金奨恵明茶とは、浙江省景寧畲族自治県赤木山恵名寺一帯で作られている炒青緑茶で、恵明茶とも呼ばれています。1915年、パナマ運河開通を記念してアメリカで行われたパナマ万博で恵明茶が金賞を受賞したことから金奨恵明茶と呼ばれるようになりました。1972年畲族によって復活生産されています。
もともとあまり目にすることのない金奨恵明茶は現在金奨恵明紅茶まで作られており、興味津々だったのですが、残念ながら早々に完売したそうです。

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/17

永巨茶業

9251_29252_4925392549255

永巨茶業の前身は1865年に晋商が創立した永巨茶庄で、清末民初ロシアに達するティーロードを築いた立役者のひとつです。
会社は湖南黒茶の二大生産地の一つである臨湘市聶市鎮に位置、湖南省茶業(集団)有限公司傘下にあり、湖南省で唯一青磚茶を生産する企業です。登録商標“洞庭”は青磚茶ブランドとして著名な商標で、会社自体も中国茶葉100強企業、国家辺茶定点生産企業し指定されています。
清朝末期から民国初期にモンゴル・ロシア向け磚茶生産で栄えた羊楼洞は湖北省と湖南省に跨る地域で、湖北省側に紅磚茶(米磚茶)があるなら湖南省側の紅磚茶も欲しいと思いこの永巨茶業の上海旗艦店を訪れました。
茶葉で築かれた豪華な店内になぜか湖北省側の龍頭企業である趙李橋の紅磚茶(米磚茶)は置かれていましたが、湖南省側のそれは残念ながら見つけることができませんでした。
しかし、収穫がなかったわけではなく、地元湖南省の紅茶で作った高級小沱茶を購入することができました。
歴史的なお茶の復活や新しいお茶の創造、中国茶は興味深い^^

(写真:永巨茶業上海旗艦店、紅茶小沱茶)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/14

竹殻茶(葫蘆茶)

92319232

1月29日から2月6日まで東京ドームで開催されたテーブルウェア・フェスティバル2017で見かけ気になって画像だけ持っていた竹皮に包まれたお茶の写真。
先週末に参加した松下コレクション常設展示場内覧会で同じ形のお茶を発見!、産地と名前を知ることができました🙌
広西チワン族自治区で作られていたお茶だったのですね。
明代まで遡る歴史を有する竹殻茶は山から採取した薬草を配合したものを竹殻で瓢箪の形を包装し上げます。かつて地元少数民族は解熱、消炎、利尿除湿、健脾胃、血圧降下などを癒す薬草として携帯していたものです。

(写真:テーブルウェア・フェスティバルの竹殻茶、松下コレクションの竹殻茶)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/07

碾茶工場

9171917291739174

抹茶になる前のお茶の葉を碾茶といいます。碾茶を石臼でひいたものが抹茶なのです。
碾茶がどのように作られるのかは以下の通りです。
①摘んだ茶葉を熱い蒸気にあててゆでられたような状態にします。
②蒸気をあてられた葉はミドリのネット中で天井のほうまで何度も吹き飛ばされて、水蒸気が取り除かれ冷やされます。
③レンガで作られた炉の中を移動する間に茶葉はパリパリに乾燥させられます。
そこから出てきた茶葉は荒碾茶と呼ばれます。
ここから更に茎や葉脈が取り除かれて葉肉の部分だけに整えられたものを碾茶といいます。
この碾茶を石臼でひいたものが抹茶なのです。

(写真:摘み取った生葉、蒸気をあてて吹き飛ばす、ほいろ(乾燥機)、不適合を取り除く)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/03

呂宋壺(るそんつぼ)

9131913291339134

宇治・上林記念館二階に展示される数々の茶壺。
その歴史は、文禄三年(1594年)堺の貿易商納屋助左衛門(1594~?)がルソン(フィリピン)から大量に持ち帰った壺を、茶壺として豊臣秀吉等諸大名に珍重されたことから始まります。
江戸時代、徳川将軍家は宇治茶を江戸に運ぶため茶壺を毎年宇治採茶使に江戸―宇治間を往復させていました。それを御茶壺道中と言います。

(写真:茶壺駕籠、ルソン無褐三耳壺、ルソン暗緑褐四耳壺、ルソン緑褐双耳壺)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/31

宇治・上林記念館

9121912291239124

JR宇治駅から宇治川へ向かう宇治橋通りは歴史情緒あふれる伝統的な建物が連なり、宇治茶や抹茶スイーツが楽しめる店舗が多々存在しています。
その中間地点に長屋門構えの宇治・上林記念館があります。上林家は初代久重が宇治で茶業に携わり、4人の子息がそれぞれ宇治茶師しとして一家を興しました。
座像の上林竹庵は久重の四男で、徳川家康に仕え、宇治茶の生産流通に尽くしましたが関ケ原にて奮戦し戦死しました。
こちらの記念館では、上林春松家に伝わる歴史資料の一部を見ることができます。

(写真:記念館、製茶道具、上林竹庵坐像)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/27

スリランカ菓子ラルー

9111_3911291139114

スリランカの古都キャンディ近くのスパイスガーデンでランチをした時に出て来た丸々したお菓子。
何ですかと聞いて、ラルーと返ってきて、どんなお菓子なのか宿題となっていましたが、今春のインドで答えが見つかりました。
ガネーシャが大好きでよく手に持っているお菓子、ラドゥだったのです。
ガネーシャは中国から日本に渡って、日本の神様になった時、歓喜天と呼ばれるようになりました。そして、ガネーシャの好きなお菓子ラドゥは、歓喜団になりました。
3億3千万の神様がいらっしゃるヒンドゥー教で、一番人気のある幸福をもたらす神様ガネーシャはシヴァ神の息子でまず最初に拝まなければならない神様です。

(写真:スパイスガーデンのラルー、ダージリンのガネーシャ、マカイバリ茶園のガネーシャ)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/24

ネパールのチヤ

9081908290839084

ネパールはヒマラヤ山脈中部、世界最高峰エベレストを有するインドと中国の間に位置する国です。
お茶のことをネパール語では、CHIYA(チヤ)と言います。
主な茶産地は東部山岳地方のメチ県やコシ県です。ヒマラヤを冠したお茶をよく見かけます。
ダージリンからネパールの茶畑が見えるのですが、そこからネパールに行くことはできません。いったん下おりて、外国人旅行者に解放している国境から入らなければなりません。
ネパール国境の町カカールビッタからイラムへ移動する途中ネパールで初めていただいたチヤをご紹介します~
水と牛乳を合わせた1ℓくらい液体が入った小鍋にスプーン2杯の紅茶(プレミアムCTC)とスプーン3杯の砂糖を入れて沸かします。
1杯20ルピー(20円)でした。

(写真: 屋台、紅茶、チャイ作り、チャイ)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/20

ネパールレモンティー

8911891289138914

レモンの原産地はヒマラヤ。インドでは、アッサムの茶園主夫人が自慢の自家菜園で育つレモンの木をわざわざ案内してくださったこともありました(インドの人もネパールの人もレモン原産地は自国だと思っているようですね~)。
ヒマラヤのふもとダージリンでもネパールレモンティーをモモと一緒にいただきましたっけ。
今回はついに本場ネパールレモンティーをご紹介します~^^
キッチンに入ってしっかりこの目で見てきましたよw
ティースプーン山盛り5杯の砂糖を小鍋にいれます。
500mlの水を加えて沸いたら、大さじ山盛3杯の茶葉を投入します。
並べたグラスに茶漉しを置いてレモンをしぼり、小鍋のお茶を注いだら、ネパールレモンティー のできあがり〜^^

画像説明: お湯が入っているヤカン、キッチン、茶漉しをセットしたグラス、レモンをしぼる

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/17

ネパールイラムの朝

8901890289038904

諸説あるネパールのお茶の起源説の中に、1843年ガラ・シン・タパ大佐がダージリンを旅して紅茶に感動したことからネパールのイラムで茶栽培を始めることを思いつき、2つの茶園を作ったのが始まりという説があります。
ネパールティー始培地とされるイラムは、茶畑に囲まれた町という感のある、まさにネパールの一大産地。泊まったホテルの裏は茶畑が広がり、ホテルの隣がイラムティーエステイト直営店、雑貨店にはかならず茶があり、レストランでは数種類のお茶メニューがある環境です。
早朝、朝市を探して町を歩くと、チャパティーをこねるおじさん。チャパティーセットとチャイで65ルピー(65円)、揚げたては最高です^^

画像説明: チャパティー作り、チャパティー&チャイ、野菜、果物

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧