« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019/02/26

和束のお茶

7851785278537854

鎌倉時代まで遡る和束のお茶は、海住寺高僧慈心上人が鷲峰山でお茶を栽培したことから始まったとされています。現在、茶源郷と呼ばれる和束の美しい茶畑のある風景は何度訪れても感動しきり^^
そこで出会えるお茶もさまざま。コンビニエンスストアに並んでいるペットボトルに描かれた茶茶ちゃんが印象的。そして、和束町を一瞬で紹介できる手提げ袋が圧巻です。

画像説明: 和束茶と手提げ袋、ペットボトル、和束町の茶畑

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/16

お茶香る会席料理

7841784278437844

日本茶の茶源郷と呼ばれる京都和束町にオープンしたお茶づくしの宿泊施設和束荘に先日泊まってきました!
気になるお食事はもちろんお茶料理。
11月某日のお茶香る会席料理の内容をご紹介いたします~^^
抹茶豆腐
季節の口取り五種盛
鮪と鯛の抹茶洗い
抹茶豆乳鍋
秋鮭西京焼き
海老お茶の葉天ぷら
温茶麺
松茸清汁仕立
ほうじ茶飯
香物三種盛
水物や和束茶ビール

和束荘HP:http://wazukanko.com/event/wazukaso/

画像説明: お茶香る会席料理

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/13

お茶風呂を楽しむ

7831783278337834_3

日本茶の茶源郷と呼ばれる京都和束町にあるお茶づくしの宿泊施設和束荘に先日泊まってきました!
特に楽しみにしていたのは、お茶風呂とお茶の会席料理。
本日はお茶風呂をご紹介します。
ほうじ茶の香りでほっこり暖まった大風呂に浮かんでいる茶袋“京の爽香湯”は館内売店でも販売しています。お湯につかっている時にこの茶袋が流れて来て腕に乗ったりするとちょっと嬉しくなります^^

和束荘HP:http://wazukanko.com/event/wazukaso/

画像説明: 和束荘、お茶風呂、京の爽香湯

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/09

茶馬古道を背夫が背負った茶

10011_2100121001310014_2

昔も今も、四川省からチベット族が住む地域に運ばれる辺茶は、康磚茶が圧倒的量を占めています。
一塊一斤(500g)の磚茶は二十塊一単位(10kg)で竹籠に包まれ、雅安から康定までの険しく長い道を背夫に背負われて運ばれて行きました。
馬も通れない険しい道のりを100kg以上の茶を背負って、160kmもの道を15日間歩く彼らの道のりは想像を絶するものです。
編んだ竹の隙間から黄色の包装紙に包まれた磚茶を見ると、チベットのラサのパルコルにつまれていた蔵茶のある風景を思い出しました^_^
なかなか実物を日本で見る機会はないのですが、ここで耳よりな情報をひとつ♪
10月7日(土曜日)に東京浅草で行われる第13回地球にやさしい中国茶交流茶会(http://ecochakai.jp/)において、13:00から康磚の竹編包み解体実演&試飲が行われます。
エコ茶会初日に参加される方は、まず、茶壺天堂ブースで見学試飲することをオススメします\(^-^)/

(写真:二十塊一単位の康磚茶竹包み、康磚と金磚、背夫像、背夫説明)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/06

成都茶館巡り⑤順興茶館

9921992299239924

順興茶館では、茶博士による茶芸や変臉を鑑賞しながら夕食を兼ねた点心と花茶をいただきました。
川劇の開演時間は午後7時半から8時半まで。川劇とは四川省の伝統芸能ですが、演目の中でも一子相伝の秘伝とされる変臉は扇子で顔を隠す瞬間に瞼譜が瞬時に連続で変わる早業が目玉です。
いただいた軽食は、卤肉锅魁 8元、天府豆花 8元、煮凉粉(緑豆のデンプンを煮てつくったゼリー状のもの) 6元、绿茶流沙包(緑茶を練りこんだ生地にカスタード餡が入った包子)8元。
蓋碗の花茶は、飲み終えるとスタッフさんや茶博士がお湯を注ぎに来てくれます。

(写真:舞台、花茶、軽食、茶博士)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/02

成都茶館巡り④廊橋珈琲厅

99119912991399149915

世紀城という成都南の開発地区中心にある豪華なホテル、インターコンチネンタルホテルロビーのカフェは一見の価値があります。
入り口を入ると広いロビー中央に屋敷のような中華伝統建築の建物が並び、小鳥がさえずる声が聞こえる席でティータイムを過ごすことができます。
そこでは生演奏や表演も行われていて、ロビーに入った瞬間、そのスケールとアイデアに圧倒されます。
一日暑かったので、ラムレーズンアイスをいただきました^^

(写真:廊橋珈琲厅)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »