« 2018年12月 | トップページ

2019/01/16

ネパールのお茶時間🍵

9431943294339434

ネパールの茶産地は東部山岳地方とタライ平原にあります。主な茶産地はメチ県(イラムとパンチタール)、コシ県(ダンクタとテラトゥム)、タライ平原(ジャバ郡)にあります。ネパールの代表的なお土産物としてヒマラヤンティーと名付けられた包装で置かれていたりするのもこれら産地のお茶です。
ネパールの人はどのような時にお茶を飲むのでしょう?食事中にお茶を飲むことはあまりないのだそうです。お茶が飲まれる時間としては、朝目覚めた時に飲むストレートの紅茶、朝のミルクティー、11:00~12:00の休憩、15:00~16:00の休憩、帰宅後などがあります。

(写真:イラムの人、お茶屋さん、ジュンチヤバリの茶摘み、カトマンズの人)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/12

ユジノサハリンスクの茶専門店

9411941294139414

「お茶には、小麦粉のブリンや、凝乳と卵の入ったビローグ(揚饅頭)や、小さな焼菓子や、角形パンの揚物などが出た」と、チェーホフがサハリン旅行記録『サハリン島』で記したサモワールで飲む磚茶をユジノサハリンスクで探して、ショッピングモール中央階に設置された茶専門店に行ってみました。
時代が変わると飲み親しまれるお茶も変わるのですね、固形茶といったらプーアル茶のみ、主に扱っているのはインドの紅茶、ダージリンやアッサムが豊富にありました。

(写真:店構え、プーアル茶、リーフティー)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/09

ネパール王宮広場でチャイをいただく

9401_39402_39403_29404_2

ネパールの首都カトマンズ最高の観光地スポットと言えば、2015年のネパール地震でかなりの被害を受け世界遺産は壊滅的な状態と真っ先に伝えられたネパール王宮広場(ダルバール広場)。
現代の生き女神クマリが住まうクマリの館に続く道の途中でChaiの看板にひかれて入ったカフェZY。ここではチャイがインド式にクリで出てきました。クリとは素焼きのカップで、飲み終わったら地面に叩きつけて土に戻すことができる自然に優しい器です。
また、旅行者たちが残したメッセージやイラスト入りクリがカフェの素敵なオブジェになっていました^^

(写真:カフェ外観、天井の梁に並ぶクリ、クリの植木鉢、チャイ)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/05

康磚(四川省の黒茶)の美味しい飲み方

9401940294039404

蔵族(チベット族)の生活必需飲料である蔵茶はかつて西康省と呼ばれた四川省の蒙頂山脈を中心とする地域で作られているためその地名をとって康磚と呼ばれています。
ラサを旅した時に店の外に黄色い紙に包まれた康磚がレンガの壁のようにつまれているのを見たことがあります。レンガのような黒茶、チベット族がバター茶を作るための茶だと思っていたのでそのまま煮て飲んだことがなかったのですが、これが茶産地雅安で淹れてもらったものが美味しいのです。
一番美味しかった西康大酒店の淹れ方をご紹介します。
1 ヤカンに水をいれて沸騰させる。
2 バラバラにくずした茶葉をヤカンに入れて7~8分間煮る。
3 その後茶を容器に注ぎ蓋をして30分ほど蒸らす。
茶葉量や水量はやはり人数によって調整する必要がありますが、茶量は思ったより少なくても良いようです。好みによってレモン、塩、砂糖、氷を入れるのも良いそうです。

(写真:雅安茶廠の淹れ方、西康大酒店、西康大酒店の黒茶)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ