« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019/01/30

成都茶館巡り③鶴鳴茶社

978197829784

四川省成都市人民公園の中にある百年青空茶館鶴鳴茶社。水辺のまわりにテーブルと椅子が並べられ、人々が思い思いに好きな場所を選んで座ると、スタッフさんがお茶の注文をとりにやってきます。好きな茶葉を選ぶと、茶葉と蓋碗とお湯の入ったポットを持ってきてくれます。オーダーした茶葉は、峨嵋香茗12元。 名物耳かきのおじさんの姿もありました。
最後に気になる一茶一坐(One Tea、One Seat)でオーダーできるお茶は以下の通りでした。
鶴鳴手工毛峰Hand-Made He Ming Mao Feng Green Tea 一杯15元
蒙頂山甘露Meng Ding Mt Sweet Dew Green Tea 一杯25元
西湖龍井W.LADKE Dragon Well Green Tea 一杯25元
碧螺春BiLuo Chun Green Tea 一杯20元
竹葉青Bamboo Green Tea 一杯25元
蒙頂山黄芽Meng Ding Mt Sprout Yellow Tea 一杯30元
碧潭飄雪Snow Green Lake Jasmine Tea 一杯25元
鉄観音Tieguanyin Woolong Tea 一杯20元
生態毛峰Organic Tea 一杯20元
祁門紅茶Qimen Black Tea 一杯15元
峨嵋香茗SuMaoFeng Green Tea 一杯12元
素毛峰SuMaoFeng Green Tea 一杯12元
菊花茶Chrysanthemum Tea 一杯12元
檸檬茶Lemon Tea 一杯12元

(写真:鶴鳴茶社)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/26

成都茶館巡り②陝西会館

9771977297739774

現在成都市陝西街芙城飯店の一部に組み込まれている成都陝西会館。清朝康熙2年(1663年)、陝西商人が建てた同郷会館で、現存する建物は清朝光緒11年(1885年)に慶益、益泰など陝西省の商家が資金を出し合って再建したものです。会館という言葉は、昔中国の商工業者が作った組織や建物を指し、日本でも同じような意味を持って使われるようになりました。
天井の柱には関わった数々の商号名が残っています。
すやすや眠る猫と静かな庭を眺めながらいただいたお茶は、竹葉青(28元)でした。

(写真:陝西会館玄関、中庭席、竹葉青、会館天井)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/23

成都茶館巡り① 文殊院・香園

11361145115111581161

四川省成都市、寺院が点在する青羊区に位置する文殊院。前身は隋朝大業年間(605~617年)に始まった信相寺。『成都県誌』によると明朝末期に兵火にさらされ荒廃するも、清朝康熙36年(1697年)に再建されるとともに文殊院と改名されて、現在国務院が定める全国仏教重点寺院の一つです。
朝いちにこちらに赴いたお目当ては、参拝の人々がくつろぐ屋外茶館の風景。座りたいテーブルを確保したら、茶葉(蒙頂茶:15元)とポット一本のお湯を購入してゆっくりお茶をいただきます。その間、おばあちゃんが花を売りに来たり(白玉蘭1元)、鐘を鳴らしながら飴売りがやってきたり。静かに成都の朝は流れてゆくのでした。

(写真:文殊院外猿像、野外茶館、蒙頂茶と白玉蘭、飴売り、寺名物の軽食)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/19

青藤茶館@浙江省杭州

720721722

“茶都”杭州には、たくさんの茶館があります。
江南の雰囲気あふれた青藤茶館を訪れたのはランチタイム。個室に案内していただき、龍井茶を一袋購入して、コース料理を堪能しました。迎客茶(お客様を迎える茶)から始まり、コースメニューから好きなものを選びたい頼み放題。
フルーツ&ナッツ類:
杏仁、原味瓜子、茶瓜子、開心果、香酥脆片、麻花、芒果乾、枇杷梗、香酥花生、黄金豆、黄瓜、桂圓、甜橙、芒果、苹果、鳳梨、哈蜜瓜、西瓜、聖女果、香蕉、猕猴桃、梨、木瓜、火龍果、油桃、枇杷、紅提、青提
軽食:
杭式片儿川、鮮肉小餛飩、三鮮猫耳朵、白汁牛肉麺、酸菜黒魚片套餐、土豆牛肉套餐、台式鹵肉套餐、四喜烤麩套餐、素麺、素水餃、麻醤冷麺、雪菜豆瓣套餐
スイーツ:
西湖藕粉、木瓜銀耳湯、紅豆沙、養生核桃露、酒醸圓子、冰淇淋、巧克力布丁、檸香布丁、芒果奶酪、手工餅乾、榴蓮千層、芝士蛋糕、芝士紅薯、芒果班戟、香酥蛋撻、桂花酒醸凍、緑豆糕、巧克力、杏仁豆腐
スイーツは日本人パティシエがいるので、和菓子風にアレンジしたものもありました。
複数人で行けば、気なるものを少しずつ、片っ端から試せます。余ったものは包んでいただきました^^

(写真:青藤茶館店内と迎客茶、茶と軽食、スイーツプレート1~3

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/16

ネパールのお茶時間🍵

9431943294339434

ネパールの茶産地は東部山岳地方とタライ平原にあります。主な茶産地はメチ県(イラムとパンチタール)、コシ県(ダンクタとテラトゥム)、タライ平原(ジャバ郡)にあります。ネパールの代表的なお土産物としてヒマラヤンティーと名付けられた包装で置かれていたりするのもこれら産地のお茶です。
ネパールの人はどのような時にお茶を飲むのでしょう?食事中にお茶を飲むことはあまりないのだそうです。お茶が飲まれる時間としては、朝目覚めた時に飲むストレートの紅茶、朝のミルクティー、11:00~12:00の休憩、15:00~16:00の休憩、帰宅後などがあります。

(写真:イラムの人、お茶屋さん、ジュンチヤバリの茶摘み、カトマンズの人)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/12

ユジノサハリンスクの茶専門店

9411941294139414

「お茶には、小麦粉のブリンや、凝乳と卵の入ったビローグ(揚饅頭)や、小さな焼菓子や、角形パンの揚物などが出た」と、チェーホフがサハリン旅行記録『サハリン島』で記したサモワールで飲む磚茶をユジノサハリンスクで探して、ショッピングモール中央階に設置された茶専門店に行ってみました。
時代が変わると飲み親しまれるお茶も変わるのですね、固形茶といったらプーアル茶のみ、主に扱っているのはインドの紅茶、ダージリンやアッサムが豊富にありました。

(写真:店構え、プーアル茶、リーフティー)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/09

ネパール王宮広場でチャイをいただく

9401_39402_39403_29404_2

ネパールの首都カトマンズ最高の観光地スポットと言えば、2015年のネパール地震でかなりの被害を受け世界遺産は壊滅的な状態と真っ先に伝えられたネパール王宮広場(ダルバール広場)。
現代の生き女神クマリが住まうクマリの館に続く道の途中でChaiの看板にひかれて入ったカフェZY。ここではチャイがインド式にクリで出てきました。クリとは素焼きのカップで、飲み終わったら地面に叩きつけて土に戻すことができる自然に優しい器です。
また、旅行者たちが残したメッセージやイラスト入りクリがカフェの素敵なオブジェになっていました^^

(写真:カフェ外観、天井の梁に並ぶクリ、クリの植木鉢、チャイ)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/05

康磚(四川省の黒茶)の美味しい飲み方

9401940294039404

蔵族(チベット族)の生活必需飲料である蔵茶はかつて西康省と呼ばれた四川省の蒙頂山脈を中心とする地域で作られているためその地名をとって康磚と呼ばれています。
ラサを旅した時に店の外に黄色い紙に包まれた康磚がレンガの壁のようにつまれているのを見たことがあります。レンガのような黒茶、チベット族がバター茶を作るための茶だと思っていたのでそのまま煮て飲んだことがなかったのですが、これが茶産地雅安で淹れてもらったものが美味しいのです。
一番美味しかった西康大酒店の淹れ方をご紹介します。
1 ヤカンに水をいれて沸騰させる。
2 バラバラにくずした茶葉をヤカンに入れて7~8分間煮る。
3 その後茶を容器に注ぎ蓋をして30分ほど蒸らす。
茶葉量や水量はやはり人数によって調整する必要がありますが、茶量は思ったより少なくても良いようです。好みによってレモン、塩、砂糖、氷を入れるのも良いそうです。

(写真:雅安茶廠の淹れ方、西康大酒店、西康大酒店の黒茶)

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »