« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018/07/28

宇治川ランチ

7811781278137814

日本最大の湖琵琶湖から唯一流れ出ている川である淀川。その名前は上流部では瀬田川、中流部では宇治川と言い、豊臣秀吉が茶の湯に使う水をくませたから毎年茶まつりが行われます。日本三古橋のひとつである宇治橋あたりの眺めが良いとされ、その周辺はお茶処、お食事処が立ち並び、有名店は休日でなくても30分待ちは覚悟したほうが良いかもしれません。
訪れたこの日はほとりが見える3階の部屋でにしん茶そばと抹茶稲荷ずしセットとほうじ茶をいただきました。

画像説明: 宇治川、にしん茶そばと抹茶稲荷ずしセット、中村藤吉平等院店、茶箱

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/25

川越茶巡り

7791779277937794

元禄時代、川越藩主だった柳沢吉保が荻生徂徠の提案で開拓させた農地は、幅6間(約10.9m)の道の両側に農家が並び、その1軒の農家ごとに畑、雑木林が面積均等になるように並んでいるという地割がされ、この方法は北宋の王安石の新田開発法を参考にしたといわれています。そのようになっている地域は総称して三富新田と呼ばれ、この整然とした地割と景観は現代まで良く残され、埼玉県指定文化財に指定されています。川越ではそれ以前よりそのような地割であったといい、訪れた小野文製茶所有茶畑からも畑、雑木林、住宅の地割をみることができました。

画像説明: 小野文製茶、川越茶畑

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/21

河越氏の中世茶生活

7781778277837784

平安時代に入間川左岸に居を構え一帯を治めた河越氏は、河越重頼の時代に源頼朝の家臣となり、娘を源義経の正妻として嫁がせた武蔵武士の名家でした。室町時代まで栄えた川越氏は平一揆の乱をきに衰退し、河越館は山内上杉氏の拠点となった後、歴史から姿を消しました。
昭和40年代発掘調査が始まり、遺物として青白磁などの陶磁器や茶道具(天目茶碗、茶壺、茶入れ、風炉)など当時大変高価だった輸入品が出土して武蔵武士の茶生活を垣間見ることができます。

画像説明: 河越館跡、天目茶碗、中国産茶入、茶臼

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/18

狭山茶カフェ和芳庵

7771777277737774

小江戸川越蔵造り商店街札の辻角にあるお茶屋さん長峰園二階、川越の呉服かんだで製作された川越唐桟の上履き入れに自分の靴を入れて木の階段をあがると狭山茶カフェ和芳庵はあります。
棚の上に置かれた『藤井屋呉服店』の看板はここがかつて呉服店だったから。そんな和室でいただけるお茶もお菓子も自家製です。
この日友人とシェアしたセットは、狭山抹茶きぬさと、えんむすび(やぶきた煎茶と💙の狭山抹茶マカローヌ)でした。

画像説明: 狭山茶専門店長峰園、狭山茶カフェ和芳庵、きぬさ、えんむすび

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/07/14

河越抹茶そば

7761776277637764

中世は南北朝時代、武蔵河越(現在の埼玉県川越)は当時の文献『異制庭訓往来』に栂尾、伊賀八鳥、大和室尾、伊勢河居とともに名茶産地として名が挙げられる茶所でしたが、戦国時代になると茶を嗜んだ階層が衰退するとともに伝説となってしまいました。
しかし、近年河越茶は古くて新しい川越の特産品としてよみがえっていたのです。現在川越蔵造りの町を歩くとさまざまな茶製品に出会えます。ランチにいただいた河越抹茶そばは、爽やかな風味と明るい緑が特徴です。

画像説明: 時の鐘、茶そば寿庵、二色せいろ

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/11

かん袋

77317732

大阪は堺市和菓子の老舗かん袋。
不思議な店名ですが元の商号は和泉屋といいます。かん袋と呼ばれる由来は、遡ること安土桃山時代、豊臣秀吉による大阪城築城のおり、和泉屋店主が餅作りで培った腕力で城の瓦を紙袋でも扱うかのようにひらひらと上へ飛ばしたところを、秀吉が「(運ばれる瓦が)かん袋が散るように見える」と感心して、かん袋をそのまま商号にするように命じたことからだそうです。
行列ができるくるみ餅は、胡桃が入っているお餅ではなく、お餅をくるんで食べることからくるみ餅と言います。店内で頂く氷くるみ餅はかき氷をかけて食べる夏の人気菓子です。

画像説明: かん袋、くるみ餅

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/07

梨木神社

7721772277237724

京都梨木神社は京都を代表する萩の名所です。
9月の中旬から下旬に催される萩まつりの名残が残る頃、梨木神社を訪れたので、境内の萩には献詠された短冊が下げられ、幻想的な風景を醸し出していました。短冊を読むのも楽しかったのですが、建立されている茶人で雨月物語の作者である上田秋成やノーベル賞受賞者湯川秀樹の歌碑を探すのも楽しみのひとつです。
またこちらは京の三名水の一つに数えられる染井の井戸もあり、昼間は水を汲みに来る人で賑わうそうです。

画像説明: 梨木神社、萩と短冊、上田秋成の碑、染井の井戸

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/04

狭山茶発祥地

7711771277137714

狭山茶の初めて物語は複数ありますが、川越市にある天台宗別格本山中院に置かれた「狭山茶発祥之地」碑によると、源流は最澄が唐代天台山国清寺から持ち帰ったものが栽培され、後に圓仁が830年に比叡山から持ってきた茶の実が起源であるとのこと。
河越のお茶はその後、山城、大和、伊勢、駿河とともに茶の名園5場の一つに数えられるようになりました。
またこちら中院には文豪島崎藤村が義母に贈った茶室不染亭も移築されてあります。

画像説明: 不染亭、狭山茶発祥地の碑

facebookページお茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »