« 趙李橋製茶廠 その3 | トップページ | 趙李橋製茶廠 その5 »

2018/01/06

趙李橋製茶廠 その4

001_3002_3003_3004_3

清代、蒲圻羊楼洞(現在の湖北省赤壁市羊楼洞鎮)ではモンゴルやロシアに向けた蒲圻羊楼洞磚茶が作られていました。「川」という字が商標で使われていたため、川字茶ともいわれます。
茶面に押された“川”という字の由来は複数あります。
長江、黄河、漢水という3本の大河がひとつ。羊楼洞を川のように流れていた石人泉、観音泉、涼蔭泉という3つの湧水がもうひとつ。そして最後は漢字がわからない人でも茶面に3本線が入っていれば手で探るだけで迷わずこの磚茶だとわかってもらえるようにとの説も。

お茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide
お茶ガイド動画部屋
https://www.youtube.com/channel/UCtCNKXqXqoZ25HD367LbyLg

|

« 趙李橋製茶廠 その3 | トップページ | 趙李橋製茶廠 その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/64528385

この記事へのトラックバック一覧です: 趙李橋製茶廠 その4:

« 趙李橋製茶廠 その3 | トップページ | 趙李橋製茶廠 その5 »