« 趙李橋製茶廠 その5 | トップページ | 趙李橋製茶廠 その7 »

2018/01/10

趙李橋製茶廠 その6

001_5002_5003_5004_5

紅磚茶(米磚茶)の生産は20世紀初頭。
使用する原料は半成品の紅茶。滇紅(雲南紅茶)、祁紅(安徽省の紅茶)、宜紅(湖北省の紅茶)を使っており、時代によって量の割合が異なりますが、現在は滇紅(雲南紅茶)が一番多いそうです。原料を仕入れたら選別→混合→蒸製(約150℃30~35分)→圧緊(成形30分)→烘乾(50℃7~10日間)→包装。
製造は9月から春節まで、あまり暑いと良い品質のものが作れないとのことでした。

お茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide
お茶ガイド動画部屋
https://www.youtube.com/channel/UCtCNKXqXqoZ25HD367LbyLg

|

« 趙李橋製茶廠 その5 | トップページ | 趙李橋製茶廠 その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/64528753

この記事へのトラックバック一覧です: 趙李橋製茶廠 その6:

« 趙李橋製茶廠 その5 | トップページ | 趙李橋製茶廠 その7 »