« Lau Dzhenたちが残した物2 | トップページ | バトゥミ最初の風景 »

2016/04/27

帝政ロシアのお茶の始まり

064065066067

自国で茶栽培を行うため、帝政ロシアの科学者たちは連邦15ヶ国を研究して、黒海あたり、バトゥミやアチャラ地方が茶を栽培する最適地であると結論を出しました。
こうして17世紀末期、はじめての産業プランテーションがAjariaとBatumi近くのChakviとSalibauriという村で始まりました。
画像はロシア向け紅茶ラベル、竹製の茶園看板です。


お茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide
お茶ガイド動画部屋
https://www.youtube.com/channel/UCtCNKXqXqoZ25HD367LbyLg

|

« Lau Dzhenたちが残した物2 | トップページ | バトゥミ最初の風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/61858250

この記事へのトラックバック一覧です: 帝政ロシアのお茶の始まり:

« Lau Dzhenたちが残した物2 | トップページ | バトゥミ最初の風景 »