« グランドバザールその3 | トップページ | 海峡クルーズ »

2014/09/16

ラビア・カドゥン・カフヴェス

T254T255T256T257

金角湾を眼下に臨む丘の上にあるチャイエビの名前は、ラビア・カドン・カフヴェス。
ピエール・ロティのチャイハネとして有名です。
ピエール・ロティ(1850~1923)はフランス海軍士官として世界各地を回り、訪れた場所を題材にした小説や紀行文を残しました。ピエール・ロティはこのチャイハネに通って小説を書いていたそうです。
「夕日のイスタンブールを眺めながら飲む一杯は百万ドルに値する」という言葉を残しました。
芥川龍之介はロティに興味を持ち、『舞踏会』という作品を書きました。


お茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide


「深い谷に蘭の香りを聞く― 茶の世界 中国編 ―」
http://www.dlmarket.jp/products/detail/277033


|

« グランドバザールその3 | トップページ | 海峡クルーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/58890747

この記事へのトラックバック一覧です: ラビア・カドゥン・カフヴェス:

« グランドバザールその3 | トップページ | 海峡クルーズ »