« ドゥンドゥルマ | トップページ | コンスタンティノープルの城壁 »

2014/08/18

ピエール・ロティが見た風景

T258T259T260T261

ピエール・ロティが度々訪れては小説を書いた丘は、現在では観光地になってしまいました。
たくさんの人がピエール・ロティが100万ドルに値すると言った夕日を見にくるのでしょう。


お茶ガイドもよろしくお願いします^^
https://www.facebook.com/ochaguide


「深い谷に蘭の香りを聞く― 茶の世界 中国編 ―」
http://www.dlmarket.jp/products/detail/277033

|

« ドゥンドゥルマ | トップページ | コンスタンティノープルの城壁 »

コメント

しのわずりさん、お久しぶり。
長崎にお越しですか?

あれ?フランスでしたか
お菊さん思い出したもので
写真よくみず
書きこんじゃいました。

投稿: 板井一訓 | 2014/08/18 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/58890906

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・ロティが見た風景:

« ドゥンドゥルマ | トップページ | コンスタンティノープルの城壁 »