« さよならケリチョー | トップページ | マサイマラ国立保護区 その2 »

2013/07/13

マサイマラ国立保護区 その1

K503K506

マサイマラで泊まったホテルはそれぞれの部屋がバンガローならぬテントで独立していました。
テントといっても設備が整っていて、ホテルのお部屋にいるのとなんら遜色がないのです。
夜はマサイ族の人たちが警備してくれて、夜行性の野生動物から守ってくれました。

『日本茶の事典』をAmazonで購入するならば、
日本茶の事典―淹れ方・楽しみ方・文化がわかる

|

« さよならケリチョー | トップページ | マサイマラ国立保護区 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/56475684

この記事へのトラックバック一覧です: マサイマラ国立保護区 その1:

« さよならケリチョー | トップページ | マサイマラ国立保護区 その2 »