« ナイロビのショッピングモール その2 | トップページ | リムル キアムベツティーファーム その1 »

2013/05/12

リムル

K063K066K068K076

1903年に、G.W.L.ケインによってインドから初めてお茶の苗木がケニアに持ち込まれて、リムルに植えられました。このときの茶の木の一部が大木に成長し、現在のユニリーバ社マブルーキー茶農園の歴史的名物となっています。現在、ケニアは紅茶の生産量で世界第3位、輸出量は世界第1位、世界の茶の輸出量の20%以上を占めてる紅茶の大生産国になりました。

『日本茶の事典』をAmazonで購入するならば、
日本茶の事典―淹れ方・楽しみ方・文化がわかる

|

« ナイロビのショッピングモール その2 | トップページ | リムル キアムベツティーファーム その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/56470706

この記事へのトラックバック一覧です: リムル:

« ナイロビのショッピングモール その2 | トップページ | リムル キアムベツティーファーム その1 »