« 清らかな水が | トップページ | お茶の始培地 その2 »

2011/01/05

お茶の始培地 その1

2479

遣唐大使金大廉が唐の皇帝から賜ったお茶の種をまいたとされる智異山河東では毎年五月に野生茶文化フェスティバルが行われます。
始培地で作られた花開茶に対して秋史金正は、中国最高の茶である勝雪茶よりも良いと語り、茶聖草衣禅師は、神仙のような風貌と高潔な姿態はその種子から違うと褒め称えたとされます。

茶旅の本『茶仏―お茶と寺廟のある風景』を
アマゾンで買うなら・・・
茶仏―お茶と寺廟のある風景
セブンイレブンならば・・・
茶仏 お茶と寺廟のある風景

|

« 清らかな水が | トップページ | お茶の始培地 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/49349784

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の始培地 その1:

« 清らかな水が | トップページ | お茶の始培地 その2 »