« よろしくお願いします。 | トップページ | 青磁と白磁の間に »

2010/10/02

康津青磁

23602361

全羅南道は陶磁器に適した土が豊富で、康津一帯ではたくさんの磁器が生産されました。
交易にも優位な地理であったため、その名は早くから広まったといいます。
受け皿のついた水差しは、温かい液体を温かく、冷たい液体を冷たく保つ工夫です。

茶旅の本『茶仏―お茶と寺廟のある風景』を
アマゾンで買うなら・・・
茶仏―お茶と寺廟のある風景
セブンイレブンならば・・・
茶仏 お茶と寺廟のある風景

|

« よろしくお願いします。 | トップページ | 青磁と白磁の間に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/49344112

この記事へのトラックバック一覧です: 康津青磁:

« よろしくお願いします。 | トップページ | 青磁と白磁の間に »