« 康津青磁 | トップページ | 朝鮮白磁 »

2010/10/03

青磁と白磁の間に

23622363

康津青磁は歴史的に有名になってしまったがゆえに度重なる戦火に見舞われ、戦火から無等山に逃れた職人たちが新しいスタイルの磁器を作りだしました。
光州の代表的な忠孝窯では1477年に作られた壺に刻まれたハングルが初めて発見され、貴重な資料となりました。

茶旅の本『茶仏―お茶と寺廟のある風景』を
アマゾンで買うなら・・・
茶仏―お茶と寺廟のある風景
セブンイレブンならば・・・
茶仏 お茶と寺廟のある風景

|

« 康津青磁 | トップページ | 朝鮮白磁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/49344444

この記事へのトラックバック一覧です: 青磁と白磁の間に:

« 康津青磁 | トップページ | 朝鮮白磁 »