« 倚邦村その4 | トップページ | 倚邦村その6 »

2010/07/08

倚邦村その5

2143_2

村にかつて存在していた関帝廟。
そして、その奥に、もっと広く立派に祭られていたらしいのが孔明廟だというのですが、それはもう、残骸さえ残っていません。
ここでは30年代に最後の戦争がありました。
税の高騰が原因でジノー族とハニ族が決起してこの村を襲ったのです。
村は三日間燃え続けたと、当時8歳だったらしいおじいちゃんが言っていました。
その後、村に戻る人たちは少なく、お茶関係者はすべて逃げてしまい、さびれてしまいました。

茶旅の本『茶仏―お茶と寺廟のある風景』を
アマゾンで買うなら・・・
茶仏―お茶と寺廟のある風景
セブンイレブンならば・・・
茶仏 お茶と寺廟のある風景

|

« 倚邦村その4 | トップページ | 倚邦村その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/47796938

この記事へのトラックバック一覧です: 倚邦村その5:

« 倚邦村その4 | トップページ | 倚邦村その6 »