« ブース紹介 その1 茶膏 | トップページ | ブース紹介 その3 紫娟茶 »

2010/06/01

ブース紹介 その2 金毫

2220

雲南といえばプーアル茶ですが、雲南省のお茶はプーアル茶ばかりではありません。
この紅茶は雲南大葉種の葉を一枚一枚丁寧に手摘みし、時間をかけて手作りされています。
工夫茶というのは手をかけて作ったお茶という意味があります。
若い茶葉に生えている白毫(うぶげ)が発酵して、金毫(ゴールデンピコ)となります。
ゴールデンピコが多いものほど良いお茶とされています。
その特徴がそのまま名前になった紅茶です。
乾燥茶葉からして甘い香りがします!
興味のある方、6月5、6日に京都吉田神社へいらしてください。
http://www.gancha-bou.co.jp/image/event/yoshida_chakai/chakai_b1.pdf
http://www.gancha-bou.co.jp/image/event/yoshida_chakai/chakai_b2.pdf

茶旅の本『茶仏―お茶と寺廟のある風景』を
アマゾンで買うなら・・・
茶仏―お茶と寺廟のある風景
セブンイレブンならば・・・
茶仏 お茶と寺廟のある風景

|

« ブース紹介 その1 茶膏 | トップページ | ブース紹介 その3 紫娟茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/48348231

この記事へのトラックバック一覧です: ブース紹介 その2 金毫:

« ブース紹介 その1 茶膏 | トップページ | ブース紹介 その3 紫娟茶 »