« コーランゲート | トップページ | イランでお茶をいただく その6 »

2008/11/10

アゼルバイジャン博物館 その1

S907S908

アゼルバイジャンは共和国の名前だけではなく、イランにも州名として存在しています。長い歴史の中で分かれてしまったからです。タブリーズのアゼルバイジャン博物館ではアゼルバイジャンの民族文化を垣間見ることができます。画像は壁かけです。魔除けとして使われたのではないかとの説明を受けました。

|

« コーランゲート | トップページ | イランでお茶をいただく その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16511099

この記事へのトラックバック一覧です: アゼルバイジャン博物館 その1:

« コーランゲート | トップページ | イランでお茶をいただく その6 »