« アゼルバイジャン博物館 その1 | トップページ | 水パイプ »

2008/11/11

イランでお茶をいただく その6

S851S852S853S854

薔薇と詩と葡萄酒の町と呼ばれたシラーズという古い町にはコーランゲートという旅人の安全を祈願する門があり、その横の斜面は市民の憩いの場所となっています。斜面の洞窟を利用して造られたチャイハネでお茶をいただきました。夏は涼しく、冬は暖かい洞窟の利点がとても良くいかされたチャイハネでした。 

|

« アゼルバイジャン博物館 その1 | トップページ | 水パイプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16507626

この記事へのトラックバック一覧です: イランでお茶をいただく その6:

« アゼルバイジャン博物館 その1 | トップページ | 水パイプ »