« ナクシェ・ロスタム | トップページ | ミニ・ノマドの生活 »

2008/11/03

ノマドの町(遊牧民の定住地)

S831_4S832_3S833_3S834_2

イランのノマド(遊牧民)であるカシュガイ族が定住してペルシア絨毯(ペルシアンカーペット)を作っている人口1500人ほどの小さな町があります。カシュガイ族の絨毯織りの特徴は平織り(地面と平行に機を置いて織る)です。移動のしやすさを考慮する遊牧民ならではの技術と思われます。女の子は子供の頃に母親から受け継いだ絨毯の図案を、結婚後は嫁ぎ先の図案と組み合わせて織ります。この町で作成される絨毯は大変質が良く、輸出用が多いのだそうです。

|

« ナクシェ・ロスタム | トップページ | ミニ・ノマドの生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16506681

この記事へのトラックバック一覧です: ノマドの町(遊牧民の定住地):

« ナクシェ・ロスタム | トップページ | ミニ・ノマドの生活 »