« ペルセポリス その4 | トップページ | ペルセポリス その6 »

2008/10/26

ペルセポリス その5

S810S811

王様のプライベートパレスやハレムの階段に彫られたレリーフは王族の近くで働いていた召使(宦官)がいろいろな物を運ぶ姿が描かれています。クセルクセスの宮殿は木造なのでアレキサンダー大王の軍がやってきた際に燃やされてしまいました。クセルクセス1世の門はアレキサンダー大王軍が一番最初に火を放った場所とされています。像は黒こげになっており、装飾の宝石がくりぬかれて穴だらけになってしまっていました。

|

« ペルセポリス その4 | トップページ | ペルセポリス その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16469613

この記事へのトラックバック一覧です: ペルセポリス その5:

« ペルセポリス その4 | トップページ | ペルセポリス その6 »