« ペルセポリス その3 | トップページ | ペルセポリス その5 »

2008/10/25

ペルセポリス その4

S806_2S807_2S808_2S809_2

春を祝うペルセポリスにはたくさんの民族が朝貢に訪れました。それが描かれているのはアパダーナ(謁見の間)に続く東階段のレリーフです。エチオピア人はキリンや象牙を、リビア人はアイベックス(馬)を、アラブ人はラクダを、スキタイ人(サカ族)は織物と馬を、ソグド人は汗血馬を、インド人は天秤にスパイスを、パルティア人とヒッタイト人はふたこぶラクダを、エラム人はライオンを、メディア人はズボンと織物を、アッシリア人は羊を、レバノン人は金の腕輪を献上しました。

|

« ペルセポリス その3 | トップページ | ペルセポリス その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16469474

この記事へのトラックバック一覧です: ペルセポリス その4:

« ペルセポリス その3 | トップページ | ペルセポリス その5 »