« トルクメニスタンの遺跡 その1 | トップページ | トルクメニスタンの遺跡 その3 »

2008/08/13

トルクメニスタンの遺跡 その2

S654S655S656S657

紀元前247から226年の約500年間イラン東部から中央アジア一部を国土としたパルティア王国はギリシアのヘレニズム文化を好み、王都ニサの宝物殿跡からリュトンが多く出土しました。リュトンは酒器や聖なる水を入れて大地にまく儀式に使う道具として用いられました。

|

« トルクメニスタンの遺跡 その1 | トップページ | トルクメニスタンの遺跡 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16424691

この記事へのトラックバック一覧です: トルクメニスタンの遺跡 その2:

« トルクメニスタンの遺跡 その1 | トップページ | トルクメニスタンの遺跡 その3 »