« 鍛冶屋さん | トップページ | ウルグベクのメドレッセ »

2008/04/29

コシュ・メドレッセ

S567S568

ウズベキスタン、ブハラにあるコシュ・メドレッセは17世紀にアブドラアジズハーンが建設したメドレッセで彼は完成を見ることなく途中で亡くなってしまいました。コシュとはお互いに向き合っているという二つのメドレッセを意味します。建設はペルシャスタイルです。二つのメドレッセの建設時期が25年ぐらい離れているため建築スタイルにも違いが見えます。一番大きいのは片方にはタイルがはってあるのに、もう片方にはタイルがはられていないということでしょうか、これは違いというより片方が未完のメドレッセです。

|

« 鍛冶屋さん | トップページ | ウルグベクのメドレッセ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16388962

この記事へのトラックバック一覧です: コシュ・メドレッセ:

« 鍛冶屋さん | トップページ | ウルグベクのメドレッセ »