« 紀元前7世紀のフレスコ画 その2 | トップページ | シャーヒ・ジンダ廟 その1 »

2008/03/11

ウルグベグの天文台

S500

天文台設置における三条件をご存知でしょうか?資金力、ロケーション、30年間の観測記録がその三条件です。40年間も帝国の王座についていたティムールの孫であるウルグベク(1394~1449)には可能なことです。チョルパンアタの丘に建てられた天文台は1018もの新星を発見しましたが、どのような方法で発見したかは残されませんでした。天文台の観測で一年間の時間を一分以内の誤差でほぼ正確に計算されていたことも、その天文台の驚くべき水準の高さを物語っています。現在ここに残っているのは基礎と地中に埋まっている六分儀のみです。

|

« 紀元前7世紀のフレスコ画 その2 | トップページ | シャーヒ・ジンダ廟 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16362401

この記事へのトラックバック一覧です: ウルグベグの天文台:

« 紀元前7世紀のフレスコ画 その2 | トップページ | シャーヒ・ジンダ廟 その1 »