« サマルカンドの民家料理 | トップページ | ウズベキスタンの楽器 その1 »

2008/02/21

中央アジアでお茶をいただく その3

S489

中央アジアでは時々民家でお食事をさせていただきましたが、だいたい画像のような丸い急須に緑茶か紅茶が入って出てきました。急須のすぐ横にあるバター飴のような砂糖をなめながらお茶をいただきます。砂糖を口に含みながらお茶をするという習慣は知っていましたが、実際は砂糖というよりまさにバター飴という感じで想像していたものとは違っていました。

|

« サマルカンドの民家料理 | トップページ | ウズベキスタンの楽器 その1 »

コメント

長い旅行で、沢山素敵な
お茶に出会っていらっしゃいますね。
羨ましいです。
私もいつか!と思います。しのわずりさんの
日記を見ると本当に旅に行きたくなりますね。

投稿: 茶話 | 2008/02/29 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16361563

この記事へのトラックバック一覧です: 中央アジアでお茶をいただく その3:

« サマルカンドの民家料理 | トップページ | ウズベキスタンの楽器 その1 »