« 中央アジアでお茶をいただく その2 | トップページ | 国境越え »

2008/01/10

タラス川

S369S370

カザフスタンには世界の歴史を揺るがした有名な場所が二ヶ所あります。一つは1218年にチンギス・ハーンによって徹底的に破壊されたホラズム王朝のオトゥラル、もう一つはこのタラス川です。この場所で751年に高仙芝将軍が率いる7万5千人の唐軍とイスラム帝国軍が戦い、唐が敗れて製紙技術を知る捕虜によって製紙法がサマルカンドに伝わりました。同年、イスラム最初の王朝ウマイヤ朝が滅び、アッバース朝が成立しました。アラブ軍のほうにもそのような事情があり東への進軍はありませんでした。唐軍敗退の原因は同盟していた中央アジアで初めてイスラム教に改宗したというチュルク部族の寝返りでしたが、その部族は後に巨大勢力となりカラハーン朝を樹立させることになります。タラスはカラハーン朝の首都となりました。日本に紙が伝わったのは7世紀初頭のこと、これより前のことです。

|

« 中央アジアでお茶をいただく その2 | トップページ | 国境越え »

コメント

遅ればせながら、新年おめでとうございます。
歴史をきちんと心得たらさらに面白い(失礼)と思います。とくに、負についての資料はなかなか見つかりませんもの。

「しのわずり」いつも興味深く拝読しています。これからも、どんどん書いてくださいませ。

投稿: ainoneko | 2008/01/11 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16339862

この記事へのトラックバック一覧です: タラス川:

« 中央アジアでお茶をいただく その2 | トップページ | 国境越え »