« 中央アジアでお茶をいただく その1 | トップページ | 『龍城恋歌』(龍城正月) »

2008/01/01

オシュバザール

S349S350S351S352

オシュはビシュケクに次ぐ第二の都市で、近代的なビシュケクとは異なり古い町並みを多く残すところです。オシュという名前の由来は遊牧民が羊などの家畜をオシュ、オシュとかけ声をかけておうところからそれを名称にしたのだとか。

|

« 中央アジアでお茶をいただく その1 | トップページ | 『龍城恋歌』(龍城正月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16339303

この記事へのトラックバック一覧です: オシュバザール:

« 中央アジアでお茶をいただく その1 | トップページ | 『龍城恋歌』(龍城正月) »