« 工芸博物館のチャイハナ | トップページ | 邸宅の休憩室 »

2008/01/19

工芸博物館の動物

S376S377

ウズベキスタンの遺跡から出土されるテラコッタの中には動物の形をしたものも多く、それはとても愛嬌のある不思議な動物です。口を大きく開けているのは、持ち主を悪から遠ざけるためなのでしょうが思わず微笑んでしまうような愛嬌のある子たちでした。

|

« 工芸博物館のチャイハナ | トップページ | 邸宅の休憩室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16347590

この記事へのトラックバック一覧です: 工芸博物館の動物:

« 工芸博物館のチャイハナ | トップページ | 邸宅の休憩室 »