« チーズいっぱい | トップページ | オシュバザール »

2007/12/30

中央アジアでお茶をいただく その1

S295S298S302_2S348

キルギス共和国では緑茶と紅茶をよくいただきました。特によく飲んだのが砂糖入り紅茶です。トルコのメーカーBATA TEAをよく目にしました。このメーカーの というブランドは日本ではあまり聞きませんが、ヨーロッパ方面ではLiptonに迫る勢いなのだそうです。そうだとすれば、キルギスで十分にそのシェアのすごさを目にしたような気がします。

|

« チーズいっぱい | トップページ | オシュバザール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/16339259

この記事へのトラックバック一覧です: 中央アジアでお茶をいただく その1:

« チーズいっぱい | トップページ | オシュバザール »