« 月曜日の胡同 | トップページ | 仿膳 »

2007/07/19

ありがとう、中国建設銀行

S028_1

北京は北の京だけに夏はすごしやすいのだと思っていたのは、北京を知らなかった頃のお話です。ずっと昔は冷えた飲み物も建物にクーラーもありませんでした。それに比べたら、今はとても快適になりました。この日もとても暑くて、人の換金に付き合って銀行で涼ませていただきました。冷房温度も適温だし、冷水までサービスにあるなんて素敵な銀行でした。そういえば、この銀行の株を私はちょっと前まで持っていました。とってもお世話になったような気がします。

|

« 月曜日の胡同 | トップページ | 仿膳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/15634512

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、中国建設銀行:

» 日本人憧れの「茶館」は、希少な存在 [中国茶と中国よもやま話]
●中国、「喫茶店」事情 「茶館」「茶室」「茶藝館」など、呼び方はいろいろあり、歴史的にそのいわれなどを説明する人もいるが、今となってはそんなに違いはない。 要するに、お茶を飲むところ。日本でいう「喫茶店」である。ただ、出されるお茶は中国茶が中心。 中国どこにでも「茶館」があると思いがちだが、ほとんどないといってもよい。日本ではどこにでも「喫茶店」はあるが、「日本茶の喫茶店」はほとんどないのと同じである。 しかし、中国でも数少ない「茶館」が多い都市がある。代表的には、浙江省...... [続きを読む]

受信: 2007/07/26 21:48

« 月曜日の胡同 | トップページ | 仿膳 »