« 九份の戯夢人生 | トップページ | 九份珈琲 »

2007/02/25

『家』(家)

1001

3月3日(土曜日)夜に文京シビック小ホールで上映される中国映画は巴金の“激流三部作”『家』を映画化した作品です。1956年制作の大変古い白黒映画で、当時の社会を作品によって垣間見るだけでなく、新中国誕生以前に活躍した名優の演技を大きなスクリーンで見ることができます。

|

« 九份の戯夢人生 | トップページ | 九份珈琲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『家』(家):

« 九份の戯夢人生 | トップページ | 九份珈琲 »