« DVD上映会 | トップページ | タイレモン »

2007/01/22

陳氏書院

964965

中国の古代建築は地方によって様式、構造がそれぞれ異なります。広州市内で一番の民居は知名度、規模、美しさから言っても、陳氏書院が挙げられます。その名称の地下鉄の駅があるほどランドマーク的存在になっております。陳氏書院とはその名のとおり陳氏の邸宅ですが、この邸宅は個人ではなく陳という氏族がみんなでお金を出し合って作った陳姓の人たちが使用するための邸宅です。例えば、科挙の試験のために田舎からでてきた学生の陳さんがそこに滞在するというふうに。何十人でもかるく泊まれそうな大邸宅で、調度品もすばらしかったですが、大きな硯が印象に残りました。『硯』という古い映画で、庭に置いてある大きな硯に主人公が横になったりするシーンがありました。ちょっとそんなことしてみたくなるような、そんな硯でした。

|

« DVD上映会 | トップページ | タイレモン »

コメント

忍豚さん、コメントありがとうございます。
以前の姓?が陳さんだったのですか?
陳氏書院は族祠と書院ようです。忍豚さんのおっしゃるとおり、陳氏一族子弟の教育も行なわれたそうです。

投稿: しのわずり | 2007/01/23 23:54

私も以前の姓は"陳"ですw
しかも先祖は広東省の客家です)^o^(
この陳氏書院の陳氏というのは、客家ではありませんか?
関係ないかな?(;^_^A
「書院」とありますが、学校や塾ではなく邸宅・宿泊施設といったものなんでしょうか?

ニン、トン♪

投稿: 忍豚 | 2007/01/23 10:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/13622820

この記事へのトラックバック一覧です: 陳氏書院:

« DVD上映会 | トップページ | タイレモン »