« もって菊 | トップページ | 12月の不識庵 »

2006/12/12

生姜胡桃茶

938

生姜は散寒去邪と言われる効果を持っているので風邪をひきそうな時や体が冷えた時にお茶にして飲むと体を温め、風邪を追い払ってくれます。冬の寒さは腎臓に影響します。生姜茶に胡桃を加えると、胡桃が持っている補腎強腰の効果も手伝って冬に飲む養生茶としては大変理想的です。

|

« もって菊 | トップページ | 12月の不識庵 »

コメント

To yumiさま、あいのねこさま
コメントありがとうございます。
生姜のお茶はピリッとした口感で美味しいですよね。
胡桃の加え方ですが、胡桃は少しローストしたものを粉末状にして混ぜると良いと思います。粉末にする時にべたべたしないよう注意して下さい。
べたべたする油っぽいものではない胡桃を選ぶことも大切です。聞いたところによると外国産のものようりも信州産が良いようです。甘みを加えたいときは、白砂糖は体を冷やしますので、冬は黒砂糖にしてください。

投稿: しのわずり | 2006/12/14 22:30

先生!私もくるみをどんな風に入れるのか知りたいです!!(^0^)☆

生姜は今実家でひっそりとブームになってます。
父が咳ばかりするので、羅漢果と生姜のスライス、クコの実を煮立てて飲ませています。少し改善されたかも?

投稿: yumi | 2006/12/13 15:26

ときどき、生姜のスライスに、紅茶を注いだのが飲みたくなるのですが、理にかなったことなのですね。
くるみは、どのように使うのでしょうか?
 ねこは、上のものには、お砂糖が欲しくなります。

投稿: あいのねこ | 2006/12/13 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/13044799

この記事へのトラックバック一覧です: 生姜胡桃茶:

« もって菊 | トップページ | 12月の不識庵 »