« 生姜胡桃茶 | トップページ | もどき料理 »

2006/12/13

12月の不識庵

939

12月の鎌倉不識庵のお献立は、百合根飯、蕪利休汁、たたきごぼう(牛蒡とは思えない柔らかさでした)、長芋きんとん(黄、紫、緑三色に染めた長芋と大和芋のきんとんが目に美しい)、吹き寄せ(京人参の赤が鮮やか!)、牡蠣フライもどき、するめもどき(画像には写っていません)でした。

|

« 生姜胡桃茶 | トップページ | もどき料理 »

コメント

鎌倉にもこんな素敵な所があるのですね!
(関西から離れた事がないもので・・)

もどき料理、見た目も美味しそうですね!

私の精進料理のイメージは・・・

ごま豆腐、野菜のおひたしだったので
(発想が貧困!)

見た目が蒲焼き風、牡蠣フライ風なんて、
遊び心というべきか、すごい技術というべきか・・。

楽しませていただきました、ありがとうございます。

投稿: おおきに | 2006/12/15 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/13061798

この記事へのトラックバック一覧です: 12月の不識庵:

« 生姜胡桃茶 | トップページ | もどき料理 »