« 横浜中国映画祭2006 | トップページ | 五味子茶 »

2006/11/28

『上海ルンバ』(上海倫巴)

919

『上海ルンバ』は彭小蓮監督による上海三部作(ほか『上海紀事』『上海家族』)の最新作です。1940年代映画にたずさわる人々、具体的に言えば名作『カラスとスズメ』で共演した趙丹と黄宗英をモデル(名前は変えられています)に、二人の愛の物語を描いた作品です。当時の映画制作事情を垣間見ることができ、とても興味深かったです。映画が終わったあと、この映画では舞台挨拶の予定はなかったにもかかわらず、客席に監督がいらっしゃったのには、ちょっと得した気分になりました。この映画は「中国☆上海映画祭」でタイムズスクエアでも上映されるので、今回見逃した方はぜひそちらへお出かけください。

|

« 横浜中国映画祭2006 | トップページ | 五味子茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『上海ルンバ』(上海倫巴):

« 横浜中国映画祭2006 | トップページ | 五味子茶 »