« 馬甲子 その1 | トップページ | 怒族の教会 »

2006/08/13

最近の茶芸表演 その2

755756

一見すると茶礼表演というよりもお芝居を見ているかのような表演でした。これは故事を再現したものです。昔、島流しの後に帰郷した有名な文人を、友人が変わらない茶の味やもてなしで慰めたという話を再現しています。ストーリー性があると、茶の表演という部分的なものだけでなく、時代や文化の香も感じることができて楽しめました。

|

« 馬甲子 その1 | トップページ | 怒族の教会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/11420975

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の茶芸表演 その2:

« 馬甲子 その1 | トップページ | 怒族の教会 »