« 『サプライズ』 | トップページ | 『達磨よ、遊ぼう!』 »

2006/04/13

質問!

611

魯迅のことをネットで調べていたら、最近の記事で魯迅が遺した茶膏3gが12000元で落札されたというスゴイ文章を見つけてしまいました。知りたい!今までいろんなお茶を見てきましたが、茶膏を知らずにいました。どんなお茶なのでしょうか?薬という可能性もありますね。作り方は?歴史はあるのでしょうか?誰か知っている人がいたら教えてください。特に製法を知りたいです。

|

« 『サプライズ』 | トップページ | 『達磨よ、遊ぼう!』 »

コメント

ぽちさま、点子さま、コメントありがとうございます。私が読んだ記事は二、三行であまり詳しくなかったので、教えていただいた記事を興味深く読ませていただきました。お茶というより薬なのだなぁと思いました。どんなものだか、見てみたい気持ちが高まりました。お茶屋さんよりも漢方薬屋さんを探したらありそうですね。

投稿: しのわずり | 2006/04/16 01:04

こんにちわ、以前にTBいただきました「日々是雑記」の点子と申します。
茶膏については私も知りませんでしたが、
http://www.epochtimes.com/b5/4/2/7/n462339p.htm
こちらのページに、魯迅がそれをコーヒーに溶かして飲んだと書いてあるので、
消化茶膏ないし、消食茶膏糖と呼ばれているもののことかもしれません。
http://www.doctor.com.tw/6/6f_4med5.html
茶膏で調べますと、いろいろな時代のいろいろなものがあるようですので、はずれているかもしれませんが。
プーアール茶は寝かせれば寝かせるほどおいしくなるみたいですけど、魯迅の時代から寝かせてあるプーアール茶が一体どんなお味になっているのか、飲んでみたいものです♪

投稿: 点子 | 2006/04/15 22:29

はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
茶膏については知らないのですが、この記事が何らかの足がかりになりませんでしょうか?
http://www.qingke800.com/news/show/1873

投稿: ぽち | 2006/04/14 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/9580613

この記事へのトラックバック一覧です: 質問!:

« 『サプライズ』 | トップページ | 『達磨よ、遊ぼう!』 »