« 丹月流桜花の宴 その3 | トップページ | 龍井茶と乾隆帝 »

2006/04/05

丹月流桜花の宴 その4

603

庭園を臨むベランダで幕の内弁当をいただいた後、再び外の茶席におりて飲んだ食後のお茶は純金茶でした。茶碗の底に沈んでいた茶葉は薄く柔らかい。まるで碾茶のようでした。お茶の水面には傘の外から空が覗いているのが映っていました。

|

« 丹月流桜花の宴 その3 | トップページ | 龍井茶と乾隆帝 »

コメント

お茶にくわしい茶楽士さまにレポートを読んでいただいたなんて、とても嬉しいです。
茶楽士さんは覚えていらっしゃられないかと思いますが、以前どこかの掲示板でわからないことをお教えいただいた記憶があります。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

投稿: しのわずり | 2006/04/06 09:38

雅ですね(^^)

今朝は雨あがり 
こんにちは。はじめて書き込みます。
こちらの話題とずれますが、HPの方のレポート 晩甘侯と不夜侯 知らないことばかりで大変興味深かったです。またちょくちょく覗かせていただきますね!

投稿: 茶楽士 | 2006/04/06 06:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/9447309

この記事へのトラックバック一覧です: 丹月流桜花の宴 その4:

« 丹月流桜花の宴 その3 | トップページ | 龍井茶と乾隆帝 »