« 龍井茶、獅龍虎雲 | トップページ | 今年の明前獅峰龍井茶 »

2006/04/08

龍井の季節

606_1

龍井茶は春だけ、4度茶摘みをします。清明節(4月5日ころ)前に摘む最初の茶葉を明前と冠します。葉がまるで蓮心のようであることから蓮心と呼び、そのような特級龍井は500g作るために少なくとも6万個の芽が必要とされると言われています。穀雨(4月20日ころ)前に摘む茶葉は雨前茶また二春茶と言います。立夏(5月6日ころ)前に摘む葉は三春茶と言い、この時芽に小さな葉が2枚ついていてまるで雀が舌を出しているかのようであることから雀舌と呼びます。三春茶から一ヵ月後に摘む葉を回春茶と言い、葉は十分に成長し茎もついていることから梗片とも呼びます。

|

« 龍井茶、獅龍虎雲 | トップページ | 今年の明前獅峰龍井茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/9480763

この記事へのトラックバック一覧です: 龍井の季節:

« 龍井茶、獅龍虎雲 | トップページ | 今年の明前獅峰龍井茶 »