« 穀雨 | トップページ | キルフェボン銀座 »

2006/04/21

『スピリット』

621

実在したマーシャル・アーツの創始者霍元甲(フォ・ユァンジア)をジェット・リーが演じたこの映画、見に行こうとしていた前夜に映画紹介の放送をたまたま聴いてしまい、主人公が死んでしまうという結末を知ってしまいました。「アクションを見にきたつもりが、泣けました」というコマーシャルはこれだったのですねぇ。アクションを見にいって、そういう涙は流したくありません。楽しみにしていたけど、かわりに『ナルニア国物語』見ました。

|

« 穀雨 | トップページ | キルフェボン銀座 »

コメント

『スピリット』プレミア試写会で、ジェット・リーご本人を拝んでまいりました。
霍元甲の死因に関しては暗殺説もありますので、映画のラストは完全にフィクションらしいんですけど、これはこれで面白い作り方なのではないかと思いました。
アクションは、私個人は『英雄』のドニー・イェンとのシーンのほうがよかったかなぁとも思います。そのドニー主演、サモハンが悪役ででている『SPL』もほぼ同時期にみましたが、こちらもおすすめですよ~♪

投稿: 点子 | 2006/04/24 23:22

↑のコメントは私です(--;
名前入力が中途半端でした~

投稿: ちょこらった | 2006/04/22 21:00

私は見に行きましたよ~悲しい結末ではありますが、
見応えはありました。
辮髪ジェット・リーはかっこいいです
やっぱりね(^^)

投稿: ちょこ | 2006/04/22 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『スピリット』:

« 穀雨 | トップページ | キルフェボン銀座 »