« 雁食(がんじき) | トップページ | 雲南茶の会 その2 »

2006/03/27

雲南茶の会 その1

590

雲南茶の会に参加させていただき、いろいろなお茶や雲南の飲食文化を紹介していただきましたが、特に印象に残ったものを3つあげてみたいと思います。その1は、一番インパクトのあった竹虫です。虫さんは、私にとっては普段食べるものではありません。ですが、目の前に置いてあるのだからいただこうということで、味だけ試してみました。竹虫は竹の芯を食べる虫で、竹の節の中だけに生きている虫です。雲南独特の食物で揚げて食べるのです。ビン詰めのものをお土産に持って帰るのが可能だそうです。そのお土産をもらった人が喜ぶかどうかは疑問ですが‥。雲南には竹虫のほかにも竹林に生息する食べられる虫がいます。筍子虫は筍の季節につかまえることができる虫です。羽、頭、足をとって揚げて食べます。そして漢方料理に使われる竹食い虫もいます。どうやら雲南は食べれる虫の宝庫のようです。

|

« 雁食(がんじき) | トップページ | 雲南茶の会 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/9287486

この記事へのトラックバック一覧です: 雲南茶の会 その1:

« 雁食(がんじき) | トップページ | 雲南茶の会 その2 »