« 『しあわせの場所』(没事偸着楽) | トップページ | 寿司國 »

2006/02/18

田遊び

544

田遊びは、1月から3月にかけて農作業の形を演じて、その年の豊作を祈願するという神事だそうです。現在国内でそのような祭りを保存している土地が数百程度ありますが、東海地方は数多くそのような芸能が保存されているようです。週末に滝沢八坂神社の田遊びを見学しに行きました。ここの祭りは毎年決まって2月17日の夜に行われます。昔は演目が28番もあり翌朝明るくなるまで演じられたそうですが、じょじょに減って今年は19演目、夜10時過ぎ頃終了しました。演目は、薙刀(なぎなた)、獅子(しし)、祝詞(のりと)、千万歳(せんまんざい)、白刃(しらは)、筏(いかだ)、年頭(ねんとう)、十六拍子(じゅうろくびょうし)、山田打(やまだうち)、田植(たうえ)、麦つき(むぎつき)、孕五月女(はらみさおとめ)、耕作散田(こうさくさんでん)、稲刈り(いねかり)、白刃(しらは)、九字(くじ)、太平楽(たいへいらく)、獅子(しし)、薙刀(なぎなた)。観客の立場からは演目のなかで獅子が一番盛り上がります。獅子に触れると願い事がかなうからです。2度出てくるので、2回も。杉の近くで見ていたせいか、いつもよりも早く花粉症にかかりましたけど。

|

« 『しあわせの場所』(没事偸着楽) | トップページ | 寿司國 »

コメント

T.B.ありがとうございます。田遊びは全国各地で開かれているそうで、先日も神奈川の寒川神社で復活させたとの新聞記事がありました。

投稿: 高島平きものしんぶん | 2006/02/27 14:02

TBありがとうございます。
滝山寺の鬼祭りは、クライマックスの火祭りがクローズアップされがちですが、その前に行われる庭祭りにかなりの時間をかけています。田遊びの1つと言ってもいいのでしょうか。

投稿: くろ | 2006/02/19 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/8725938

この記事へのトラックバック一覧です: 田遊び:

» 勇壮な火祭り 滝山寺鬼祭り [くろグ.Life]
 2月4日、三河地方に春を呼び、豪快な火祭りで知られる、岡崎市滝山寺の鬼祭りが行 [続きを読む]

受信: 2006/02/19 07:02

« 『しあわせの場所』(没事偸着楽) | トップページ | 寿司國 »