« 不識庵 七草飯 | トップページ | 無心庵 »

2006/02/22

ふきのとう

550551

昨日ご紹介した鎌倉の不識庵の食事の全体画像と文章を比べて見てお気づきになられたかたもいらっしゃるかと思いますが、栗ぜんざいの左側の天麩羅、じつはわざと抜いていました。これは、なんとふきのとうなのです。お庭に生えてきた小さい赤ちゃんみたいなふきのとうを、先生が摘んできたものをそのまま天麩羅にしたものです。お庭に訪れた春をおすそわけしていただいたことがすごく嬉しくて別の日に紹介しようと、とっておいたのです。天麩羅の画像ではもちろん小さなふきのとうの可愛らしさは分かっていただけないと思いますが、そのうち皆さんの近所でも見かけるようになるかと思いますので、少々お待ちを。小さなふきのとうは、柔らかくてうっすら苦味があって美味しいので見つけたらぜひ試してみてください。

|

« 不識庵 七草飯 | トップページ | 無心庵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/8773070

この記事へのトラックバック一覧です: ふきのとう:

« 不識庵 七草飯 | トップページ | 無心庵 »