« 羅漢齋 | トップページ | 『永遠の片思い』 »

2006/01/05

仏跳墻

489

中華料理の名前には大げさなものや面白いものがたくさんあります。仏跳墻もお坊さんでさえ垣塀を跳びこえて食べに来ずにはいられない御馳走だという由来を持っています。いったいどれだけ美味しいの?と興味の尽きない料理名でありますが、具体的にはフカヒレ、アワビ、ナマコなどの海の幸ときのこ類などの山の幸、両方を壺詰めにして蒸した代表的な福建料理の名菜です。

|

« 羅漢齋 | トップページ | 『永遠の片思い』 »

コメント

マレーシア在住者です。

仏跳墻は
こちらの中華料理店にも、高級店にあります。
英語メニュ-ではMonk jump over the wall と
標記されていることが多いですね。
このメニューはあまりに高級すぎて、前日に
予約必要です。ホントに美味しいですね。

投稿: 部外者 | 2006/01/24 16:15

去年台湾で仏跳墻を食べました。本当においしいスープでした。きっとまた食べに行ってしまいます。

投稿: nikomegu | 2006/01/06 08:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/8023003

この記事へのトラックバック一覧です: 仏跳墻:

» サンデーブランチは「丸林魯肉飯」 (台北小吃食べ歩き5) [Tomotubby’s Travel Blog]
明けて1/9日、台北林森北路のホテルで荷物を預かってもらって、これから九份に一泊旅行をします。近くのMRTの圓山駅まで歩いて台北駅に向かうのですが、途中にある民族東路沿いにある魯肉飯の有名店「丸林魯肉飯」でブランチをとることにしました。 昨夜食べた「傳統安平豆花」の店の隣でも「魯肉飯」が売られていましたが、台湾ではポピュラーな庶民料理の一つのようです。豚ひき肉を醤油で長時間(なんと3日間だそうです)煮込んだものを白飯の上にのせた�... [続きを読む]

受信: 2006/01/09 05:26

» サンデーブランチは「丸林魯肉飯」 (台北小吃食べ歩き5) [Tomotubby’s Travel Blog]
明けて1/9日、台北林森北路のホテルで荷物を預かってもらって、これから九份に一泊旅行をします。近くのMRTの圓山駅まで歩いて台北駅に向かうのですが、途中にある民族東路沿いにある魯肉飯の有名店「丸林魯肉飯」でブランチをとることにしました。 昨夜食べた「傳統安平豆花」の店の隣でも「魯肉飯」が売られていましたが、台湾ではポピュラーな庶民料理の一つのようです。豚ひき肉を醤油で長時間(なんと3日間だそうです)煮込んだものを白飯の上にのせた�... [続きを読む]

受信: 2006/01/09 05:26

« 羅漢齋 | トップページ | 『永遠の片思い』 »