« 『CEO最高責任者』(首席執行官) | トップページ | 『愛していると、もう一度』(All about Love) »

2006/01/23

『SAYURI』(Memoirs of a Geisha)

514

『SAYURI』見ました。外国人が日本人を演じ、日本文化を撮るということで、見た人たちからあれが違うこれが違うというようなことを聞いていましたが、そういう世界も文化的なことも全く知らない私なので、何から何までとても新鮮で感動しました。別世界のファンタジーのような作品として見ると、すごく楽しめると思います。少女の頃の夢を主人公が最後にかなえた瞬間には泣けました。私は人が何かに頑張って、やり遂げるという筋書きに弱いみたいです。2時間半の長さを感じないほど、目に楽しい、おもしろい映画でした。

|

« 『CEO最高責任者』(首席執行官) | トップページ | 『愛していると、もう一度』(All about Love) »

コメント

TBありがとうございました。
SAYURIは小説の方がすごくおもしろいですよ!興味があれば是非読んでみてください。
SAYURIの不思議な才能がもっとわかると思います。

投稿: emi | 2006/01/28 11:53

TBありがとうございました。
ふだんは、コメントと同時にTBもするのですが、記事の趣旨に合わないと思われましたので、控えました。映画も観てませんし。。。
この映画は今のところ観ようと思っていません。なぜか、観たいと思いません。
機会があったら観るような気がします。機会といっても、TV放映する or 2時間空き時間があってこのDVDのみが手元にある、という状態ですが。

投稿: あつ | 2006/01/25 00:13

私も観ました♪
ミクシーの自分の日記にも書きましたが、「芸者」というものに対する誤解をズバリ指摘してましたね。
ところで中国が反日感情を考慮して、上映を中止したそうです。
中国人には是非とも観てもらいたい映画なんですけどね(汗

投稿: 忍豚 | 2006/01/24 14:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『SAYURI』(Memoirs of a Geisha):

» オペラ気分で観る「SAYURI」 [藤沢での日々]
外国によって描かれた日本の物語が抱える宿命として、当の日本人からの「日本はそんなものではない」といった反論を浴びることがある。 「蝶々婦人」から「ラスト・サムライ」まで、この伝統は続いているが、最近ではハリウッドもそんなことは百も承知なので、大事な市場で..... [続きを読む]

受信: 2006/01/24 00:11

» 【SAYURI】(2005)「美しき女優の演技に酔いしれましょう」 [Cinema Road]
【キーワード】 『芸術』 『子役』 『一途な恋愛』 『チャン・ツィイー』 ■絢爛 無垢 毅然 【評価】★★★★(★=2点 ☆=1点) 貧しい漁村に生まれた千代は9歳のとき花街の置屋に売られた。 そこで花街一の売れっ子芸者、初桃の執拗ないじめられ、希望を見失ってい..... [続きを読む]

受信: 2006/01/24 02:19

» SAYURI [大好き♪]
先日、「SAYURI」を観てきました。 最後の最後に少しだけ泣きました。自分で女であること、女としての生き方を考えさせられました。映像もとても美しくまた観に行きたい作品です。DVDも買うでしょう。 しかし、一緒に観に行った男の子(彼氏じゃないよ)は全く理解できなかったそうです。そんな彼は映画のあと、私にふられてしまいました{/heartbreake/} いい子なんだけど、女心を分からなさすぎ�... [続きを読む]

受信: 2006/01/24 16:24

» 【映画・番外編】SAYURI チャン・ツィイー主演 [アジア映画、大好き!]
うん、私は、よく出来た映画だと思うよ。 そりゃ~ね、突っ込みどころは満載だけど、 それを「日本人の役は日本人がやるべきだ」とか 「日本文化が正しく表現されていない」とか言うのはね、 野暮ってもんでしょ、あーた。 大河ドラマじゃあるまいし・・・ 第一、舞台は京都でなく「みやこ」、祇園でなく「花街」として 架空の街の設定にしてエクスキューズつけていたしね。 きょうび、日本の若い女優さんで、 着物着たときの立ち居振る舞いが板についていて、 スクリーンサイズの華があって、 英...... [続きを読む]

受信: 2006/01/25 01:47

» 不治の病?SAYURI病〜そしてアン・リー監督のこと [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 「SAYURI病」が治らない。21世紀のサユリストになってしまったようだ。アーサー・ゴールデンという人の原作本「さゆり」(文春文庫、上下)も買ってきた。これが非常に面白い。もとの京言葉、花街言葉を再現しているから、映画とはまた違った楽しみ方ができる。米....... [続きを読む]

受信: 2006/02/09 19:42

« 『CEO最高責任者』(首席執行官) | トップページ | 『愛していると、もう一度』(All about Love) »