« 越前焼茶会 焼物編 | トップページ | 越前焼茶会 スイーツ編 »

2005/11/07

越前焼茶会 食物編

407

福井県大野市はかつて奥越と呼ばれていた地域の一部です。山(霊峰白山など)と水(九頭竜川)に恵まれた自然豊かな奥越地域は、その自然環境と気候条件から美味しい農作物が採れることで知られています。
お話を聞くところによると、なかでも特にすごいのが奥越上庄の里芋だそうで、体験すると食物感が変わる!とのこと、そんなにすごい幻の里芋、一度は食べてみたいです。
お茶会では名物越前おろしそばが登場しました。石臼で挽かれた腰の強いそばは、だしと大根おろしとネギ、かつおぶしを加えていただきます。日本一のおそばの味がしました。

|

« 越前焼茶会 焼物編 | トップページ | 越前焼茶会 スイーツ編 »

コメント

記事にTBいただいたのでやって来ました。
その里芋、なにがどうすごいんでしょうね。確かに気になります…

投稿: hafsia | 2005/11/08 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/6952978

この記事へのトラックバック一覧です: 越前焼茶会 食物編:

» 越前そば 片桐 [たにぐちまさひろWEBLOG]
夜飲みに行ってハシゴしたとき、最後にラーメンで締める人は全国共通だと思いますが、福井の場合、蕎麦で締めるという人が多いです。 私は、あまり(というかほとんど)酒の飲めるたちではありませんが、たまに飲みすぎたときなんかは、家に帰る前に冷たいお蕎麦が食べたくなります。 そういうとき、必ず行くのが、片町にある“片桐” ご夫婦でやっている小さなお店なのですが、とても旨い!(個人的には、福井のNo.1と言っても過言ではないです。) 親父さんと世間話をしながら、からし大根の利いたおろしそ... [続きを読む]

受信: 2005/11/08 19:29

« 越前焼茶会 焼物編 | トップページ | 越前焼茶会 スイーツ編 »