« 山の上の茶会 | トップページ | 韓国映画版『コックリさん』 »

2005/10/08

ライラックガーデン(丁香花園)

360

1860年代後半、西太后の信頼厚い北洋軍閥の領袖であった李鴻章は上海で軍事工業(江南製造局)、紡績工業(机器織布局)、海運業(輪招商局)の近代化をはかりました。たびたび上海に滞在していた李鴻章は、晩年に見初めた若い愛妾丁香のために一族が多く住む天津、合肥を避けて上海の地に彼女が住まう邸宅探しを、上海を活動の中心としていた洋務派官僚の盛宣懐にたくしました。盛宣懐は現在の華山路に土地を求め、アメリカンスタイルの邸宅と庭園を建築させました。蔵書家としても知られた李鴻章はこの丁香花園に丁香を住まわせる一方、もう一棟に望雲草堂コレクションを置きました。李鴻章の死後30余年、戦争のどさくさにまぎれ稀少本は古本屋の手に渡りちりぢりになってしまいましたが、残った蔵書は孫の李国超によって震旦大学の図書館に寄贈されました。震旦大学はフランスのキリスト教会が設立したフランス租界地内にある大学だったので比較的安全だったからです。合肥李氏望雲草堂蔵書として大学で大切に扱われたコレクションは解放後、カトリック系震旦大学から辞職退学した教師や学生が1905年に創設した復旦大学に繰り入れられました。丁香にちなんで植えられたライラックは今でも丁香花園に植えられています。

|

« 山の上の茶会 | トップページ | 韓国映画版『コックリさん』 »

コメント

我が家では日清戦争の折、李鴻章ネタで大もうけしました。実は「神田かどの尾張屋」という大きな蕎麦屋も経営していた時期があり、「李鴻章南蛮」という蕎麦がヒットして店が落語ネタになるほどの繁盛振りでした。現在店の跡地には龍角散本社ビルが建っています。当時清国の留学生達がおいていったと見られる清国の貨幣など面白いので今でも取ってあります。

投稿: 寶老板 | 2005/10/09 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/6309467

この記事へのトラックバック一覧です: ライラックガーデン(丁香花園):

« 山の上の茶会 | トップページ | 韓国映画版『コックリさん』 »