« 青城山茶 | トップページ | 『ラブ・ソング』(甜蜜蜜) »

2005/10/13

『セブンソード』(七剣)

368

いちばん最近劇場で見た映画は『セブンソード』(七剣)です。1600年代、満州人の清朝は漢族の明朝の滅亡を図るべく禁武令を出し、反抗勢力を殲滅していきます。漢族側に助けを求められた七人の剣士“七剣”が清軍との戦いに挑むという、梁羽生の武侠小説「七剣下天山」がベースになっている作品です。武侠映画の黎明(レオン・ライ)を観るのが初めてで、それを目当てに行ったようなものなのですが、さすがに七人の七剣なので彼ばかりにスポットライトがあたるわけではないので、ちょっと寂しかったです。

|

« 青城山茶 | トップページ | 『ラブ・ソング』(甜蜜蜜) »

コメント

初めまして。TBありがとうございます!
こちらからもTBさせていただきたいと思います。
映画の影響もあり「七剣下天山」を読み始めたところです。
映画と同じようなつもりで読み始めると少々戸惑いますが、
慣れると面白くなってきました。
レオン・ライは、ヒス・テリーさんもおっしゃっていたように、
「インファナル・アフェアⅢ」の方が出番も多いですし、魅力を堪能できると思います。
これを機会にちょこちょこお邪魔させていただきますのでよろしくお願いいたします☆

投稿: ろんろ | 2005/10/15 21:41

しのわずりさん、TB有難う御座います。

パソコンを始めて、なにより楽しく嬉しいのは皆さんそれぞれご自分の持っておられるものを 惜しみなく発信して下さる人が沢山おられる ということです。

私のほうは 戴くばかりで申し訳ありませんが、これからも 折にふれて見させていただきます。
これからも よろしくお願いします。

投稿: tamon | 2005/10/15 14:12

しのわずりさん、初めまして。

TBありがとうございます。
翻訳のお仕事をされてるんですか。
素敵ですね。
レオン・ライさんは世が世ならば、日本でもヨン様クラスのスターですよね。
本格的武侠映画、面白かったです。
また、伺いますね。

投稿: あいり | 2005/10/14 22:25

こんばんは。TBありがとうございます。
こちらからもTBさせてくださいませ。
私の感想は言いたいこといってるので、申し訳ないような・・・(汗)。
レオン・ライはちょうど「インファナル・アフェアⅢ」をみたところで、そちらのレオンはとてもよかったですね。

投稿: ヒス・テリー | 2005/10/14 22:08

TBありがとうございます^^
微妙と申します。
つたない分ではありますが、TB返させていただきました。
今後ともまた何かあればよろしくお願いします。

さて、どちらかというとカンフーアクション好きの私は、「セブンソード」も黎明よりもドニーに目が行ってしまいました・・・。しかし!黎明の瓦蹴りはとっても素敵でした!

ブログ拝見しました。いやぁ。500円の「詩人の大冒険」うらやましすぎます。1000円でも買います、私(笑)

ではまた・・・。

投稿: 微妙 | 2005/10/14 21:21

はじめまして。
TBありがとうございました。
こちらからもさせていただきましたので
よろしくお願いします。

武侠映画の黎明の黎明は私も初めて観ました。
ファンとしては物足りませんでしたが(笑)今後、
武侠映画(古装物)への出演が増えるといいなぁと
思っています。

投稿: ひらで~ | 2005/10/14 13:46

トラックバックありがとうございます。
最近、中国の物語にハマっています。
中国がいっぱい、アジアンものの記事に、フムフムさせていただきました。これからも宜しくお願いします。
マイブームなのが、NHK「宮廷女官チャングムの誓い」あとちょっとで最終回、目が離せません (・・*)
また、おじゃまいたします。
あっ、こちらからもTBさせて頂きました。

投稿: | 2005/10/14 10:51

はじめまして。TBありがとうございます!
こちらからもTBしたのですが、何故か反映されてませんね(^^;)・・・残念!
私もアジア映画にはとても興味があるので、
色々な情報をこちらで教えて頂きたいです!
又、遊びに来ます♪

投稿: 麻波郎 | 2005/10/14 09:46

はじめまして、しろねこと申します。
TBありがとうございます。
「蒼穹の昴」私の周りでも読んで面白かったと
評判でした。
「ターンレフトターンライト」も見ました。良かったです。
そして、チョ・インソンさん、ちょっと好きです。「バリでの出来事」を最近見終わりました。
アジアン雑貨大好きです。
また、お邪魔しますね。

投稿: しろねこ | 2005/10/13 23:28

トラックバックありがとうございました。
こちらからも、トラックバックさせていただきました。
金庸老師のマジックに掛かっているhpネームxihuanと申します。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: mimi | 2005/10/13 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75079/6384462

この記事へのトラックバック一覧です: 『セブンソード』(七剣):

» 七剣 セブンソード [緑翠碧]
ゾック! 七剣のスポットを見たときの私の感想。 そして今日、映画館へ・・・・・待 [続きを読む]

受信: 2005/10/13 23:08

» 『セブンソード(七劍)』 ('05/香港) [傍流点景]
 本作は、今年のベネチア国際映画祭でなんとオープニングを飾ったそうである。欧米の映画人は知ったであろう。『グリーン・ディスティニー』や『ヒーロー〜英雄』の如き華麗でロマンティックな世界だけが武侠映画ではないのだと。土煙のなか駆け抜ける人馬、過剰にワイヤーを使うのではない、緊張感たっぷりの殺陣。その血生臭い剣戟の美を。  などと、知ったふうなことを書いてはいるものの、実のところ私はそれほど武侠映画に詳しいわけ�... [続きを読む]

受信: 2005/10/14 00:29

» 『七剣』観たら、『ドラゴン・イン』が観たくなり・・・ [☆お気楽♪電影生活☆]
『セブンソード』は香港映画に入れ込んでいた昔を思い出させ、 家に帰ったら昔のビデオを思わず探しておりました(笑)。 ドニー・イェンが観たい!とばかりに掘り起こしたのは『新龍門客棧』♪... [続きを読む]

受信: 2005/10/14 09:05

» 『セブンソード』でドニー・イェン♪を堪能! [☆お気楽♪電影生活☆]
やっと、観に行くことができました♪ 久々のツイ・ハーク監督♪レオン・ライ&ドニー・イエン♪ [続きを読む]

受信: 2005/10/14 09:06

» ☆★☆ SEVEN   SWORDS  セブンソード [杜のお遊びライフ]
セブンソード・七剣 2005年10月、中国・香港(武侠アクション・歴史劇)153分 監督:ツイ・ハークアクション  監督:ラウ・カーリョン 原作:[梁羽生]リャン・ユーシェン『七剣下天山』徳間文庫 音楽:川井憲次 出演:[黎明]レオン・ライ(青幹剣、[楊雲驄]ヤン・ユンツォン)、[甄子丹]ドニー・イェン(由龍剣、[楚昭南]チュウ・チャオナン)、[楊采妮] チャーリー・ヤン(天瀑剣、[武元英]ウー・ユエ�... [続きを読む]

受信: 2005/10/14 10:28

» 七剣 セブンソード [緑翠碧]
ゾック! 七剣のスポットを見たときの私の感想。 そして今日、映画館へ・・・・・待 [続きを読む]

受信: 2005/10/14 16:56

» 「セブンソード」 [映画鑑賞検定3級blog]
CMを観て気になったので、ネットで調べるとツイ・ハーク作品で出演はレオン・ライにドニー・イェンにラウ・カーリョン先生と来た。これは行かねば、というわけで映画館にレッツゴー。でも「ヘブン・アンド・アース」の微妙な思い出があるのでレディースデーをチョイスする弱気さもあったりして。 清王朝時代の中国。禁武令が発令され、武術を身につけているものは罰せられるという法令が作られた。 銀300両が支払われるというその法令... [続きを読む]

受信: 2005/10/14 21:08

» ツイ・ハーク「セブンソード」・・・不発弾、されどブランド [電影迷宮・2005!!]
雨の夜、映画館へ車を走らせる。 客席は私を含め3人(笑) しかし「電影工作室」の文字、これだけで熱くなれる。 ・・・・ツイ・ハークはかつてジョン・ウーと一緒に仕事をしていた、面白い監督だ。 映画には深みはないけど、笑いとか華やかさとか仕掛けがいっぱいあって、私はツイ・ハーク印と聞けばどこの映画館にでも飛んでいった時期がある。 最初物語に入りにくさを感じた。この人の悪い面?だが、ストー... [続きを読む]

受信: 2005/10/14 22:01

» セブンソード・七剣 / SEVEN SWORDS(劇場) [あいりのCinema cafe]
製作総指揮 レイモンド・ウォン[黄百鳴] 監督 ツイ・ハーク[徐克] アクション監督 ラウ・カーリ [続きを読む]

受信: 2005/10/14 22:27

» 「セブンソード」@東京厚生年金会館 [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
今日2本目の試写会です。けど1本目と2本目の試写会の間にちょーっと時間があきすぎで直行するには…だったから御苑前のタリーズで時間をつぶして会場に向かったんだけど、一緒に見るあきちゃんがあーちゃんよりも1回遅い試写会で「蝉しぐれ」見てたのでギリギリになってしまい到着が5分前を切って入り口で待ってたんだけどドキドキ。良かったぁ、間に合って。 {/hiyo_face/}STORY 日本語オフィシャルサイト 1660年代、中国に侵攻した... [続きを読む]

受信: 2005/10/15 17:23

» セブンソード [ろんろの本音]
公開初日、観に行って参りました、「セブンソード」!! 中国映画、剣術アクションが好きな方にはおススメします。 楚昭南役のドニー・イェンと辛龍子役のタイ・リーウーのアクションは最高です! ... [続きを読む]

受信: 2005/10/15 21:46

» セブンソード 七剣 [M・Bのお気に入り映画あーと図鑑♪]
2005年/中国(香港)/153分/監督・脚本:ツイ・ハーク/音楽:川井憲次/出演:レオン・ライ、ドニー・イェン、ラウ・カーリョン、タイ・リーウー、ダンカン・チョウ、ルー・イー、チャーリー・ヤン/1600年代の中国。明朝を滅ぼした清朝は、反抗組織の鎮圧に乗り出す。 過去に処刑人を務めていたフーは、良心の呵責から反対派につく。やがて彼の元に7人の剣士が集結する。まるで『HERO』『LOVERS』の続編みた... [続きを読む]

受信: 2005/10/15 21:58

» 七剣<セブン・ソード> ツイ・ハークはやっぱりアクション一辺倒がいい。 [紺碧日記]
セブン・ソード ワンチャイシリーズなどで有名なツイ・ハーク監督の最新作。 レオン・ライやドニー・イェンなど香港の超有名スターがそろい踏みした期待の作品です。原作はこれまた中国武侠小説界の三大巨匠の一人である梁羽生の「七剣下天下」という作品。 しかし、こ....... [続きを読む]

受信: 2005/10/15 22:49

» セブンソード (七剣) [MT MANIAX]
監督:ツイ・ハーク、出演:レオン・ライ、ドニー・イェン、チャーリー・ヤン、スン・ホンレイ、香港、中国、2005  『HERO』『LOVERS』に続く第3弾  さぁ、目を開け。  これが本物の武侠だ  上は、この映画のキャッチコピーの一つですが、『HERO』『LOVERS』とは関係ありません。同じジャンルの映画ではありますが、監督が違います。 (1) 『HERO』よりも、かなり劣る映画であると思います。... [続きを読む]

受信: 2005/10/16 13:42

» セブンソード [日々感動&感想日記]
映画のはしごをしてきました。まず1本目は「セブンソード」 HERO LOVERSは、この映画の序章にしかすぎない・・というキャッチフレーズ。 香港明星の「レオン・ライ」さん主演のアクション映画です。 中国清王朝時代を舞台にし、7人の剣士たちが死闘を繰り広げます。 歴史..... [続きを読む]

受信: 2005/10/17 14:44

» セブンソード [KUNSANのType-B的ダイアリー]
ツイ・ハーク監督の武侠映画「セブンソード」を観てきました。もともとカンフーとか武侠映画が好きなうえに、先月の「ヴェネチア国際映画祭」でも評判がよかったと聞き及び、かなり期待していたんですが・・・。とにかく、153分はながいよー!(笑)。レイトショーだったので、見終わった時にはぐったり。。。アクションシーンはまあまあですが、ドラマ部分は大雑把。それでも中国では2005年興収No1ヒットらしいです。原作(「七剣下天山」)を読めば、より深く理解できるかな? キャストの中で特に注目してたのは、ドニー・... [続きを読む]

受信: 2005/10/17 23:27

» 映画 『七剣』 と 小説 『七剣下天山』 [晏晏的自言自語 【an-an's monologue】]
先日の記事で紹介した 『七剣下天山』 が原作の映画 『七剣』。 じつは数日前にVCDが届いたので,ワクワクしながら観たのですが,残念ながら ちょっと,いや,かなり期待はずれでした...(x_x;) 小説の方があまりにも面白いので,期待しすぎたのは否めません。 でも,この映画を 「原作」 と銘打つのはアカンやろ・・・ 登場人物もストーリー設定も何もかも改編しすぎです~(泣) 「 『七剣下天山』 をモチーフにした作品」 と言ってほしかった。 まぁ観はじめてすぐに 「こ,これはいかん... [続きを読む]

受信: 2005/11/15 13:42

» セブンソードDVD [噂の情報屋]
レオン・ライや、ドニー・イェンなどのアジアを代表するアクション・スターたちが、 スピード感のある剣劇を披露する本格時代劇武侠アクション。 2005年、中国No.1大ヒットとなりました。 DVDセブンソード 特別版 (初回限定豪華BOX仕様) 特典映像の撮影風景は、 華麗なア..... [続きを読む]

受信: 2006/01/08 21:00

» セブンソード 06年36本目 [猫姫じゃ]
セブンソード SEVEN SWORDS 七剣 日本の時代劇の後は、中国の時代劇。1600年代、清王朝の圧政に立ち向かう7人。7人っていうのが、荒野の七人= 七人の侍 ?なんだケド、ま、よく似た感じではあります。 もう、ストーリー、簡単!痛快娯楽活劇は、こうでなく....... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 17:24

« 青城山茶 | トップページ | 『ラブ・ソング』(甜蜜蜜) »